管理会社の清掃計画 担当者によってもバラツキ?

シェアする

私の物件は大東建託パートナーズが維持管理、清掃を行っています。

そしてだいだい月の中旬ごろに建物の共有部分の清掃に1か月に1回来られます。

管理会社によれば、毎週1回とかの頻度で来られることもあるかと思いますが、それを考えると頻度的には少ないように思われます。

そして共有部分をざっと掃き掃除を行ったり、手すりを拭いたりと、最低限の清掃を行っているといった感じです。

そして清掃を行う方は大東建託パートナーズの物件を何軒も回っているようなので、1つの建物に多くの時間をかけることができないのか、あっというまに清掃は終わります。

アパート画像

大東建託パートナーズ管理のアパート。

ちなみに同業者の知り合いからの聞いた話ですが、大東建託パートナーズが清掃会社に支払う料金はかなり安いんだそうです。

まあいってみれば仕事は確保できるけど報酬は少ないといったところでしょうか。

少ないなりに安定しているといったところみたいです。

以前、通販最大手の1つアマゾンが宅配業者に支払う料金がかなり安くて佐川急便ともめて結局、佐川急便はアマゾン商品をほとんど宅配しなくなったと聞いたことがありましたが、どの業界でも大手は下請けいじめのような事を行っているんでしょうか・・

ところで清掃が完了したあとは、各部屋に清掃完了のお知らせと大東建託からのお知らせの書かれたパンフレットが配られます。そのことによって入居者は今日、清掃が行われたことを知ることができます。

ところでこのような清掃だけでは、廊下や正面玄関のシミのようなものがとれないので1か月に1回程度、水と洗剤を使用した大規模な清掃が来ます。

この場合は清掃する人数も複数で、時間も比較的かけて清掃が行われます。

ただこの大規模清掃に関しては大東建託パートナーズの担当者の裁量に任されているのか、担当者によって来る頻度や、清掃の規模や度合いが異なっています。

今の担当者はまあよくやってくださっているように思いましたが、前任者の時は、本当に大規模清掃が来なく、私のほうから担当者に連絡を入れて大規模清掃を催促したことがあります。

入居者さんの支払っている共益費は同じだと思うのですが・・一体どう使われているのか・・。

ともかく大家としては入居者さんが、快適に過ごすことができるように清掃計画を立て清掃を実施してくれればと思っています。

追記:大東建託パートナーズのウェブサイトには清掃について

建物の清掃
快適なお住まいの環境を保つため、専門の”クリーンキーパー”が建物敷地内の清掃を定期的に行っております。

引用:https://dk-kurashi.com/trouble_supports(アクセス日2020/3/11)

と書かれており、物件にもよりますが、月に1.2回ですが、定期的な清掃が行われています。

ただ1人のクリーンキーパーが多くの大東建託グループの物件を巡回し清掃しなければならないためか、じっくりと丁寧にというわけではありません。

ただ昔よりは、清掃のムラが少なくなったようにも思います。

また清掃の仕上がりに不満がある場合は、大東建託パートナーズにその旨を連絡して改善してもらえるようにすることもできます。