三菱UFJ銀行ならば他行振込手数料が無料になることがある

シェアする

最近はどちらかといえば、多くの銀行で顧客向けサービスの手数料を値上げする傾向があります。

三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行などでは顧客サービスの特典などを縮小させています。

花画像

そのようなさなか、三菱UFJ銀行も顧客向けサービス、メインバンクプラスを改定しました。

今回の改定も、顧客向けサービスの縮小かと思いきや、条件次第では、他行にない特典があります。

それは、

月1回他行振込手数料が無料になる

というサービスです。

月1回だけとはいえこれはありがたいサービスです。

お金のやり取りが、クレジットカードやキャッシュレス決済の割合が多くなってきたとはいえ、やはり銀行の口座から振込をすることがしばしばあるからです。

その場合、振込先が同じ銀行や同じ銀行の支店である場合は、振込手数料が無料や少額ですませることができます。

しかし他行振込となると、振込手数料がかかり、しかも1回の振込だけで数百円もかかることがあります。

実際のところ、振込先が地方銀行や信用金庫となると、どうしても高額の振込手数料がかかってしまいます。

それで他行への振込手数料が無料になるというのは、とても助かるサービスです。

ところで他行振込手数料が無料になるための条件があります。

その条件をクリアすることは難しいものではありません。

その条件とは

Eco通帳(インターネット通帳)

にするだけです。

もちろんEco通帳に切り替えると、紙の通帳はあきらめなければなりません。

しかしEco通帳でも、ネットで入出金明細の確認はできますし、通常使用であるならば、不便を感じることはありません。

他行では、投資信託や外貨預金を数百万以上で他行振込手数料を無料にするとなっていますが、そのような難しい条件ではありません。

しかもEco通帳にすると、月1回他行振込手数料無料になるだけでなく、他にもATM時間外手数料が無制限に無料、提携先のコンビニの使用手数料が月に1回無料という特典もつきます。

さらに10万円以上の給料や年金の受取先にするならば、他行振込手数料が月3回まで無料になります。

3大メガバンクのうち、最も規模が大きい三菱UFJ銀行。

経営状況は、他行よりも健全で、しかもやはり三菱財閥の金庫のような役割も果たしているせいか、比較的余裕があるのでしょうか。

スポンサーリンク