銀行一覧

スポンサーリンク

銀行のネットバンキング モバイルアプリのメリット デメリット

インターネットの普及に伴って、利便性を感じる事柄の1つに、ネットバンキングがあります。つまりは銀行での取引をインターネットで行うことです。とにかくインターネットのない時代は、銀行取引のためには、銀行の店舗まで行くか、テレホンバンキングというものもありました。しかし銀行の店舗までの行き帰りに時間がかかりますし

銀行のATMの一日の引き出し限度額は50万円になっていた

最近の銀行は一日のATMの引き出し限度額が設定されています。すべての銀行がというわけではありませんが、1日の引き出し限度額が50万円になっている場合が少なくないようです。不便なことですが。そしてこのような限度額が設定されている背景には詐欺による被害を防ぐことにあるようです。

auじぶん銀行ならば条件次第では他行振込手数料が月5回まで無料に

ネット銀行が普及するなか、auじぶん銀行が2022年4月1日より顧客への特典をリニューアルします。どちらかといえば特典内容のリニューアルといえば、他行では事実上特典内容の縮小が多いなか、auじぶん銀行は特典内容が条件次第では、拡充するようです。例えば他行振込手数料の無料の回数が・・

銀行が顧客の特典を縮小させるなかauじぶん銀行が特典を拡充?

低金利時代が長引きなか経営状況が思わしくない銀行が取引状況に応じて顧客に提供してきた様々な特典も縮小させています。実際のところ都市銀行でも、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行は、そのような特典を縮小させてきました。しかしそのようななか、auじぶん銀行は全体的に特典を拡充・・

インターネットバンキング 便利で振込手数料も安い しかしデメリットも

インターネットバンキングですがとても便利で振込手数料も安く、インターネットを使いこなしているならばぜひとも使いこなしたいものです。しかしデメリットもあります。というのもセキュリティ強化のために、パスワードの自動生成が主流になっていますが、そのために厄介なことが生じることが・・

三菱UFJ銀行ならば他行振込手数料が無料になることがある

最近はどちらかといえば、多くの銀行で顧客向けサービスの手数料を値上げする傾向があります。三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行などでは顧客サービスの特典などを縮小させています。そのようなさなか、三菱UFJ銀行も顧客向けサービス、メインバンクプラスを改定しました。そして今回の改定で・・

人口減少は金利上昇要因 それともデフレ要因?

一部の意見として人口減少はインフレをもたらし金利上昇をもたらすという意見があります。その根拠となるのは人口減少→労働力不足→供給力不足→需要と供給のバランスが崩れ供給不足による物価高つまりインフレが生じるという考えです。しかし現実的に外国人労働者の流入などで・・。

auじぶん銀行で振込受付書が自宅で印刷できるようになった

クレジットカードによる決済が広く使われるようになった今でも、銀行振込も重要な支払い手段となっています。ところが銀行振込のデメリットの1つは、振込手数料がかかるというてんです。このてんでauじぶん銀行は、他行よりも有利な振込手数料を提供していましたが、しかしこれまでは振込証明書のようなものを・・。

auじぶん銀行 ファミリーマートATMを利用したら手数料が220円かかった?

auじぶん銀行、店舗を持たない銀行ですが、預金金利が高いことなどが魅力の銀行です。そして三菱UFJ銀行グループの銀行で三菱UFJ銀行への振込手数料は無料というのも魅力です。ところでコンビニATMなどで入出金を行うことができますが、コンビニATMの利用も無料となっていたのが・・。