銀行一覧

スポンサーリンク

銀行が経営難の時代 auじぶん銀行の利用者特典は充実している?

低金利時代が続く中、経営状況が厳しいのは銀行と言われています。主な収益事業である融資が、低金利のために十分な収益が得られないためです。そのために店舗にかかる維持費などが負担になり、店舗数を減らしたり、様々な手数料を値上げするなどして、乗り越えようとしています。

銀行から融資を受けていることのリスク 突然に返済能力がなくなってしまうと?

リーマンショックやコロナショックに見舞われると、負債をかかえていると負債は一層重たく感じるものです。小規模マンションオーナーの筆者も、不況になったからといってアパートローンの毎月の返済が軽減されるわけでもなく、これまでと変わりなく返済し続けていかなければなりません。もちろん不況になっても

三菱UFJ銀行ならば他行振込手数料が無料になることがある

最近はどちらかといえば、多くの銀行で顧客向けサービスの手数料を値上げする傾向があります。三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行などでは顧客サービスの特典などを縮小させています。そのようなさなか、三菱UFJ銀行も顧客向けサービス、メインバンクプラスを改定しました。そして今回の改定で・・

賃貸住宅経営 銀行との厚い信頼関係が重要なのはなぜ?

年末になってくると、銀行員が街角で来年のカレンダーを持って、走り回っている姿を見かけます。この時期走り回るのは、取引先に年末の挨拶をするためです。筆者宅にも、アパートローンでお世話になっている、りそな銀行の渉外担当者がやってこられました。この機会に数十分ほど、お話する機会があります。

もはや使わなくなった銀行口座をすぐに解約したほうがよい理由

筆者も経験がありますが、ある目的のために銀行口座を開設したものの、しかししばらくしてから全くお金の出し入れで使わなくなった銀行口座があるのではないでしょうか。例えば職場の給与振り込みのために開設したものの、転職のために使わなくなってしまったということがあるかもしれません。

ネットバンキング トークンやスマホによる振込の落とし穴

インターネットバンキングですがとても便利で振込手数料も安く、インターネットを使いこなしているならばぜひとも使いこなしたいものです。ところで当初のネットによる振込はIDとログインパスワードを入力して、振込のさいには振込等で使用するパスワードを入力して行っていました。このさいには・・

銀行の遺言信託 案外と有効だった!!費用は50万円以上かかりますが

最近は終活について、いろいろと話題になりますが、アパートマンションオーナーの場合は、所有物件の相続について、きちんとしておくことは終活の重要な一部です。このてんで銀行が扱っている遺言信託は、案外と有効な手段となります。司法書士さんに扱ってもらう場合でも遺言信託の・・

みずほ銀キャッシュカード ウエルシアでも手数料0円で使用できる

都銀の1つ、みずほ銀行。規模では三菱UFJ銀、三井住友銀についで3番手の銀行です。もともとは東京に強かった富士銀行、そして第一勧業銀行と日本興業銀行とが合併してできた銀行で、やはり関東に強い銀行ですが、しかし関東以外の市街地でもちらほらと支店をみかけることがあります。

銀行の支店長が渉外担当行員と顧客をわざわざ時間をかけて訪問 なぜ?

銀行からアパートローンを借りると、銀行の渉外担当行員がちょくちょく訪ねてくるようになり、親しくなっていきます。しかしある日、突然に銀行の支店長を連れてやってくることがあります。支店長のように多忙な人がなぜ時間をかけて、大きなメリットがあるわけでもない顧客のもとにやってくるのでしょうか。

ネットによる銀行取引 最近はスマホアプリでも便利に活用できる

とにかくインターネットのない時代は、銀行取引のためには、銀行の店舗まで行くか、テレホンバンキングというものもありました。しかし銀行の店舗までの行き帰りに時間がかかりますし、ATMでの取引でも、順番待ちをすることなども多く、楽ではありませんでした。またテレホンバンキングも、繋がりにくいことがあったり