賃貸住宅経営一覧

スポンサーリンク

マンションの家賃が1万円台のエリアも なぜそんなにも安い

ワンルームマンションといえば、昔は家賃といえば4万円以上するものと思っていましたが、最近は極端な場合、家賃が1万円や2万円台のワンルームマンションも現れるようになってきました。ここまで下がると、物件オーナーさんも、ほとんど儲かっていないのでは、というか赤字のアパート経営を強いられているのではないかと思われます。

アパートやマンションで人気のある設備 独立洗面台、洗浄機能付便座・・

賃貸住宅でも設置されている設備はさまざまです。そしてできれば入居者さんに喜ばれるような設備は前もって設置しておきたいものです。そこである不動産会社の機関紙に入居者にとって人気の設備ランキングが掲載されていました。そのなかには独立洗面台、洗浄機能付便座、TVつきインターホン・・

賃貸住宅の経営 年末年始にかけて空室が増えるものの春には解消

毎年のことですが、年明けのころは、あちらこちらの賃貸アパート、マンションで空き部屋が目立つようになります。おそらくは、なんらかの事情で賃貸住宅暮らしを終わらせるのに11月~12月にかけては好都合な時期だからなのかもしれません。そして春の時期になると空室が埋まっていきます。

賃貸住宅 住みたい行政区ランキングで尼崎市がトップだった

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」が、住みたい街ランキングを発表しました。今回は、近畿圏(大阪府・兵庫県・京都府)で「借りて住みたい行政区」のランキングです。その結果は意外なものでした。2位が東大阪市で1位が尼崎市でした。昔は汚い街というイメージのあった尼崎市が・・

マンションの空テナント 申込から入居までの流れ

私の所有マンションの1階はテナントですが、やはり長期間、空いたままでした。1年8カ月も空いていたテナントですが、しかしようやく入居が決まりましたが、その決まるまでの流れですが、まずは管理会社に入居申込を行い、その後、管理会社による入居審査が行われます。その後・・

人口減少が金利上昇要因になる?そう言えない理由もある

一部の意見として人口減少はインフレをもたらし金利上昇をもたらすという意見があります。その根拠となるのは人口減少→労働力不足→供給力不足→需要と供給のバランスが崩れ供給不足による物価高つまりインフレが生じるという考えです。一理あるように思いますが、多少無理な見方のようにも思われます。

人口減少は金利上昇要因 それともデフレ要因?

一部の意見として人口減少はインフレをもたらし金利上昇をもたらすという意見があります。その根拠となるのは人口減少→労働力不足→供給力不足→需要と供給のバランスが崩れ供給不足による物価高つまりインフレが生じるという考えです。しかし現実的に外国人労働者の流入などで・・。

テナント賃貸はやらないほうがよい理由 よほどの都心部でなければ苦戦する

マンションで賃貸住宅経営を行なう時に、1階をテナント賃貸にするということがあります。テナント賃貸の良いてんは賃料の下落が経年劣化の影響を受けにくいなどのてんがありますが、しかし一方で、空テナントになった場合に、なかなか入居事業者が決まらないということもあります。