OCNがIPv4 over IPv6の提供を開始 これで晩の時間帯の光回線速度の低下が回避されるか?

シェアする

インターネットが日常生活に必要不可欠な時代、自宅では光回線でネット接続している家庭も少ないないと思います。

我が家でもOCN for ドコモ光でインターネットを利用しています。

ところで数週間前のことですが、OCNから重要なお知らせメールが届きました。

その内容は、1カ月以内にOCNのIPoE(IPv4 over IPv6)での提供が行われるというものです。

自動的に切り替わるので、こちらでの操作は不要ということですが、そのIPoE(IPv4 over IPv6)とはいったいどういうこと?

何がどう変わるの?

とわからないことばかりです。

ところでいつ切り替わるのか、待っていましたがOCNのウエブサイトで切り替わったどうかを確認できます。

そのサイトは

IPoE接続環境確認サイト

ですが、このサイトですぐに確認することができます。

それでOCNの重要なお知らせメールがきてから、しばらく上記サイトで切り替わったかどうか、調べていましたが、先日のことですが切り替わったことがわかりました。

以下のように

IPv4  IPoE方式  
IPv6  IPoE方式

というふうに表示されました。

これで切り替わりは完了です。

そしてIPv4 over IPv6になってから、これまでとどのように変わるのかというてんですが、このてんを調べてみました。

このてんで上記のOCNのウエブサイトには

IPv4 over IPv6とは:IPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続。これまでIPv4通信は、混雑しがちな「PPPoE方式」での通信でしたが、「IPoE方式」によりIPv4通信もIPv6ネットワークを通ることで、スループット(トラフィック流量)が向上します。

と説明しています。

つまりはこれまでの接続の場合は、混雑した時などに回線速度の低下などが生じることがあったもののIPv4 over IPv6になると混雑が緩和されるというのです。

本当にそうなるの?

と思いましたが

そこで実際に光回線の速度が低下する晩の時間帯に速度を調べてみました。

これまでは我が家での光回線の速度ですが混雑していない時間帯ならば、速度は200~400Mbps程度であり、全く問題がなかったのですが、晩になると100Mbpsを割るようになり、時には10Mbpsをも切るほどに速度が低下することがありました。

そこで今度はIPv4 over IPv6になってから混雑する晩の時間帯に速度を調べてみました。

するとやはりこの時間帯でもさほど

速度が落ちませんでした。

何度か調べてみましたが、以前のように速度が落ちることはありません。

これで速度低下の問題を今後回避することができるのでしょうか。

それは今後、数カ月、利用してみなければわかりません。

ただ調べたかぎりでは速度は落ちていなかったので、期待はしています。

追記:モバイルによるデザリングで光回線の速度低下を補うこともできます。

そのてんについては以下の記事をご覧ください。

NTTドコモのギガホプレミアムの料金プランにしてZoomを利用してみた