NHKの衛星契約から地上契約に変更するのは難しそう

シェアする

NHKの受信料は、地上契約と衛星契約があります。

地上契約とは地上放送のみ受信できるテレビ等の場合の契約で2カ月で2450円です。

一方で衛星契約は衛星放送を受信できるテレビ等の場合、つまりはBS番組等を見ることができる場合は、4340円です。

このように衛星契約をしているほうが、受信料は高くなります。

年間で約1万円高くなります。

ところで最近テレビをあまり見なくなりました。

しかもBSの番組のほうは全く見なくなりました。

そこで思いついたのが、BS番組を全くみてないのだから、NHKの受信料を衛星契約から地上契約に変更できないかというてんです。

地上契約に変更すると年額で1万円の節約にもなりますし検討してみました。

そこでその方法について調べてみてわかったのは

共同のBSアンテナを使用している

アパートやマンションなどの場合は、衛星契約から地上契約に変更するのは難しいというてんです。

というのもNHKのサイトには以下のように書かれているからです。

衛星放送を見ていないので、衛星契約はしたくない

放送法では、「NHKの放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、受信契約を結ばなければならない」旨を定めています。 そして、放送法に基づき、総務大臣の認可を得て定めた日本放送協会放送受信規約において、「衛星系によるテレビジョン放送を受信できるテレビジョン受信機を設置した者は衛星契約を締結しなければならない(放送受信規約第1条第2項)」と規定されています。したがって、見る・見ないに関わらず、NHKの衛星放送が受信可能な受信設備を設置されていれば、衛星契約が必要となります。ぜひご理解をお願いします。
※衛星放送は、BSアンテナとBSデジタル放送に対応した受信機を設置していれば、受信可能です。また、ケーブルテレビ等を通じて衛星放送を受信することもできます。

引用:衛星放送を見ていないので、衛星契約はしたくない|NHKよくある質問集(アクセス日2021/2/25)

とあるからです。

例えば戸建て住宅でBSアンテナ等を外して処分したとなると、BSは受信できなくなるので、衛星契約から地上契約への変更はできるかもしれませんが、しかしBSアンテナが共同のものとなると除去するわけにはいかないので、受信不可の状態にすることはできません。

いっそう室内のテレビをすべて処分すれば、地上契約にすることができるかもしれませんが、そうするわけにもいきません。

よくテレビはあってもNHKは見ていないから受信料は払わないと主張する人がいますが、BSを見ないから衛星契約から地上契約にできると考えるのも同じようなものになるようです。

将来的には近い将来に衛星契約料は1割程度安くなる見込みですが、そのことを期待します。