家賃が下がること 物件オーナーの宿命😿

アパートオーナーになったころ、新築時の家賃はまずまずで、入居率も良好で、賃貸住宅経営は順調なように思えたかもしれません。ところが年月が流れ、募集家賃が新築当初よりも数千円あるは数万円下がっていることに気づくと悲しくなるかもしれません。

銀行の遺言信託 案外と有効だった!!

最近は終活について、いろいろと話題になりますが、アパートマンションオーナーの場合は、所有物件の相続について、きちんとしておくことは終活の重要な一部です。このてんで銀行が扱っている遺言信託は、案外と有効な手段となります。

アパートマンションの相続 銀行手続きの開始(-_-;)

アパートマンションを相続するさいに、最も時間や手間がかかるのは銀行との手続きです。まずは銀行口座の凍結が行われますが、凍結解除のためには相続人同士で相続の仕方をきちんとしなければ解除されません。その一方でこれまでの銀行への返済は相続人に求められます。