新聞 新聞販売店一覧

スポンサーリンク

新聞購読の期間が過ぎても新聞が配達される どのように対処できる?

筆者は新聞販売の業界を数十年にわたって見てきましたが、この業界のならではの慣習のようなものがあり、それを知ったうえで上手に付き合うならば、さほど怖い業界ではありません。ところで新聞購読契約がありますが、顧客と新聞販売店の間で締結される契約です。この契約には、かなりの効力があります。

新聞購読のさいに送られることになっている洗剤やお米が届かない どう対処する

目まぐるしく社会が変化するなか、新聞販売店も変化しています。ところで、この数年、新聞販売店と顧客の間で増えているトラブルの1つが、新聞購読契約で送られてくるはずの景品が送られてこないというものです。この景品ですが、洗剤やお米といったものが一般的です。また商品券も・・

踏んだり蹴ったりの新聞販売店の経営 今の時代はジリ貧

昔は新聞販売店のオーナーになるということは、豊かな生活を保証するようなものでしたが、今はそうではありません。今では購読者数の減少、広告収入の減少、信用できるスタッフが確保できないこと、新聞社の無茶な圧力など厳しさが増しています。なので辞めていくオーナーも少なくなく・・

ジリ貧の新聞販売店がAmazonの配達も行うようになる?

時代の流れとともに、顧客数の減少に悩まされる新聞販売店。顧客の年齢層が高齢者中心の業界だけあって、将来の見通しも明るくありません。そのようなジリ貧状態の新聞販売店ですが、思わぬビジネスチャンスが舞い込んできました。それがAmazon Hub デリバリーパートナープログラム

新聞の夕刊にはそれなりの存在意義がある!!

最近はインターネットの普及で、新聞を購読しない方も増えていますが、購読者のなかには、夕刊は読まないからいらないという方も増えています。しかし夕刊には、朝刊にない存在意義があり、夕刊が発行されているエリアならば朝刊夕刊セットで購読するほうがメリットがおおいにあります。

夕刊不要で朝刊のみにしても購読料はほとんど同じ?なぜ

最近は朝刊と夕刊のあるエリアでも、夕刊は見ないから夕刊は配達しないでほしいという顧客が増えてきました。実際のところ新聞社としては夕刊のあるエリアでは、夕刊も朝刊とセットで購読してほしいというのが本音です。しかしどうしても夕刊が不要という場合は、顧客の要望を尊重して、夕刊は配達されないことになっています。

NO IMAGE

地方の新聞販売店経営 都会よりもうまくやっていける?

昔は新聞販売店の経営者になるということは富の象徴のようなものでした。とにかく新聞販売店の経営者は儲かった時代がありました。繰り返しになりますが儲かった時代がありました。つまりは過去においてです。今では多くの新聞販売店の経営環境は厳しくなっています。火の車状態の販売店も少なくないと思います。

高い毎月の新聞購読料 なぜ高くても毎月購読料を支払っているのか

昔は新聞の購読料は3000円前後でした。月額3000円ぐらいならば、購読してみようかという気になるかもしれませんが、さすがに4000円超になると、よほどのことがない限りは購読しようという気にならないかもしれません。しかも今は昔とは違い、インターネットでニュースを読むことができます。

新聞購読者で不満があって怒りを爆発させるお客にどう対処する 

新聞の集金をしていると時々、ブチ切れたお客に遭遇してしまうことがあります。お客がブチ切れる理由は様々です。どんな場合にブチ切れるかを取り上げてみますと・留守の期間中、新聞を配達しないようにと言っていたのに、新聞が入っていた。この場合は、当然のこととして集金のスタッフには非はありません。

新聞販売店への電話がつながらない いつかけても不在?

昔は、儲かっていた新聞販売店。最近はジリ貧状態の新聞販売店が多くなっています。そのために新聞販売店では、人件費を抑えるために従業員の給料を抑えています。そのために慢性的な人手不足になっている新聞販売店も少なくありません。それで店内にだれもいないために電話をかけても