ネットスーパー一覧

スポンサーリンク

ネットの普及とともに、ネットスーパーの利用者は増えています。そして大手スーパーの多くが、ネットスーパーに力を入れています。それで利用する側もスマートに活用することができます。

イオンネットスーパーのコールセンターに電話して注文変更をしてみた

筆者もコロナが流行するようになってから、用心のためにネットスーパーを利用するようになりましたが、利用してみるとけっこう便利ツールであることに気づき、しばしば利用しています。そしてイオンネットスーパーを手始めに、筆者の自宅のあるエリアで利用可能なネットスーパー、例えばダイエーネットスーパー、楽天西友・・

イオンネットスーパー 11時から12時の配達が可能に

インターネットの普及とともに、利便性を実感している事柄の1つがネットスーパーです。とにかくネットでスーパーの品物を注文し、配達してもらえるので、とても助かります。例えば、ネットスーパーではお米やミネラルウォーターといった重たいものも注文が可能で配達してもらえるというメリットがあります。

ライフのネットスーパー 店舗配送とアマゾン配送 どう違う?

ネットスーパーが売上高を伸ばすなか、スーパー大手のライフもネットスーパーを展開しています。ところでライフのネットスーパーですが、配達エリアになると、ライフの店舗配送と、あのネット通販の最強ともいえるアマゾン配送かのいずれかで注文し配送されることになります。ライフの・・

楽天西友ネットスーパーでお弁当や総菜も注文できるようになった

大手のスーパーが、それぞれネットスーパーを展開するなか、それぞれのネットスーパーが利用者獲得に、しのぎを削っています。個人的にはイオンネットスーパーやダイエーネットスーパーがお気に入りといったところです。その理由は扱っている品数が充実していること、配送料金も330円(税込)以下で利用できることなどがあります。

阪急キッチンエール 3000円以上の買い物で配達料金無料は魅力的ですが・・

感染症対策のために、インターネットを活用した買い物が注目されていますが、この機会に大手スーパーは競ってネットスーパーに力を入れています。そのようななか、主に阪急沿線などでは、阪急キッチンエールでネットで買い物をすることができます。信頼の阪急ブランドのネットスーパーのような・・

ライフネットスーパー 配達料金改定 事実上改悪?

ライフスーパーはユーザー目線のいいスーパーだとこれまで思っていました。しかし2022年4月1日に配達料金が改定されます。そして今回の改定はどう考えても、スーパー都合の改定で、多くの顧客にはありがたいものではありません。正直、ライフスーパーのイメージが悪くなりました。