ダイエーのネットスーパーが配達料110円キャンペーンを継続中

シェアする

インターネットが普及するなか、スーパーでの買い物もネットで行えるようになりました。

つまりは、わざわざスーパーのまで行かなくても、ネットでスーパーの食品や日用品などを注文し、そして配達してもらえるのです。

これは悪天候で外に行きにくい日や、感染症が流行し、人との接触を極力減らしたい時などは便利です。

ネットスーパーを利用すれば遠くのスーパーまで行かなくても食品などを購入することができる。

ところで大手のスーパー、イオンやイトーヨーカドー、ライフ、西友などがネットスーパーを展開しています。

このうちライフはアマゾンと組んで、西友は楽天と組んで展開し、ネットスーパー同士の顧客獲得競争も激化しているようです。

私の住んでいるエリアでも、イオンやダイエー、ライフが利用可能エリアになっていて、どのスーパーのネットスーパーを選ぶか迷うことがあります。

このてんで、配達料はどのネットスーパーで買い物をするかを選ぶ要素の1つになります。

そして配達料については、だいたいが330円(税込)~を配達料に設定していることが多いようです。

もちろん購入料に応じて、配達料の割引を行っているケースもありますので、1万円前後の買い物をするならば、配達料の割引特典を享受することができる場合があります。

このようなさなか、最近ですがダイエーネットスーパーが配達料110円(税込)キャンペーンを継続しています。

昨年の12月に1カ月限定のキャンペーンということで、配達料110円(税込)キャンペーンが行われ、今年の1月も1カ月限定で行われました。

それで、いくらなんでもこの1月末で終了するものと思っていましたが、なんと2月も継続して行われることになりました。

もちろんいつまでも配達料110円(税込)キャンペーンが行われることはないと思いますが、しかし利用者にはありがたいキャンペーンです。

そしてダイエーの狙いとしては、この機会に利用者の拡大を図ることにあるようですが、好調のために配達料110円(税込)キャンペーンを継続しているようです。

どちらかといえば、イオンネットスーパーのほうが使い勝手は良いと思いますが、しかし12月からダイエーネットスーパーを利用することも多くなりました。

今後もネットスーパーの競合によってサービスが拡充されていることは、利用者にとってはうれしいことです。

ネットスーパー戦国時代 イオン ライフ ダイエー・・

追記:現在では、配達料は330円(税込)に戻っています。ある程度、利用者を増やすことができたのではないかと思われます。

ただやはり配達料が330円(税込)になると利用頻度は少なくなってしまいます。

ダイエーネットスーパー | お問合せよくあるご質問 (daiei.co.jp)

スポンサーリンク