ウィルスバスターの不具合 削除と再ダウンロードで解決

シェアする

私のパソコンに導入しているウィルスバスターで不具合が生じるようになりました。

ウィルスバスターは正常に機能している場合は、ウィルスバスターアイコンにマウスポインターをあてると「保護しています」と表示されます。

しかし最近になってウィルスバスターアイコンにマウスポインターをあてると「パソコンを再起動してください」と表示されるようになりました。

ウィルスバスターによってパソコンのセキュリティを強化することができる。

そこで実際にパソコンを再起動させてみると、それで改善されるのかと思いきや、再起動後にウィルスバスターアイコンにマウスポインターをあてると、またもや「パソコンを再起動してください」と表示されます。

何度か同じことを行いましたが、結果は同じです。

こうなるとウィルスバスターの不具合としか言いようがありません。

以前に書いた記事

ウィルスバスターが不具合 Microsoft Defenderだけで大丈夫か?

で書きましたように、この場合に頼りになるのが、Windowパソコンに装備されているMicrosoft Defenderです。

このMicrosoft Defenderもかなりの程度セキュリティを確保できるようですが、しかし

Microsoft Defenderだけでも、かなり安全に守られるようです。

しかし完璧ではないので、情報漏洩を防ぎたいならば、有償版も併用したほうが良いようです。

とあるように情報漏洩リスクは残るようです。

そこで年末年始の時期、時間的な余裕ができたので、ウィルスバスターの修正作業を行うことにしました。

作業内容は、ウィルスバスターを削除して、再ダウンロードするというものです。

まずウィルスバスターの削除ですが、削除そのものは簡単にできますが、時間がかかります。

私の場合は数十分ほどかかりました。

そして削除の後に、ウィルスバスターを再ダウンロードしその後、インストールします。

これらの作業は、1時間弱で完了しました。

その間、何度かパソコンを再起動するように要求されました。

そして作業後、ウィルスバスターアイコンにマウスポインターをあてると「保護しています」と表示されるようになりました。

どうやら改善に成功したようです。