毎日新聞が新聞購読料値上げか?値上げの流れが止まらない

シェアする

読売新聞が新聞購読料を4037円(税込み)から4400円(税込み)に値上げしてから数年が経過しました。

他の全国紙、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞は新聞購読料を4037円(税込み)に据え置いたままです。

そのようななか、地方新聞の神戸新聞が最近になって4037円(税込み)から4400円(税込み)に値上げするなど、一部の地方新聞で、値上げが行われています。

元新聞販売店

このような、ゆるやかな新聞購読料値上げの流れが続く状況のなかで、全国紙の毎日新聞が4037円(税込み)から4300円(税込み)への値上げを決断したとの情報があります。

毎日新聞も経営状況が厳しく、新聞購読料でなんとかしようということなのでしょうか。

もしこの通り値上げするなするならば、全国紙で新聞購読料を据え置いているのは、朝日新聞と産経新聞のみです。

もともと本業の新聞業は苦戦しているものの、副業の不動産業が好調で、値上げしなくてもやってこれた朝日新聞ですが、長引くコロナ渦にあって不動産業にも不透明感が生じてきているようで、今後、朝日新聞がどう動くかが注目です。

朝日新聞社には新聞購読料値上げ派のような人たちもいて、新聞購読料の値上げも検討はしているようですが、値上げに踏み切れるかどうかは不透明です。

どちらかといえば社会派の朝日新聞ですが、社会に嫌われる新聞購読料の値上げに朝日新聞が踏み切れるかどうかは現時点ではわかりません。

もしも朝日新聞が新聞購読料を値上げするならば、産経新聞も追随することでしょう。

また有力な地方新聞も朝日新聞に追随するものと思われます。

ところで一部メディアによると、読売新聞が値上げしたことによって、新聞購読料は読売新聞と朝日新聞との間で、363円生じるようになりました。

年間では約4000円です。

それでこれまではトップシェアを誇っていた読売新聞から朝日新聞に顧客が流れ、トップシェアの入れ替え論について見たことがあります。(実際はどうなっているかわかりません)

ただ新聞購読料の値上げが客離れを招くのは間違いない事実です。

販売店からの話だと、新聞購読料を値上げした神戸新聞ですが、値上げとともに幾つかの解約があったようです。

どちらかといえば顧客層が安定している神戸新聞でもです。

となると毎日新聞がもしも新聞購読料を値上げするとなると、かなりの顧客離れが生じる可能性があります。

おそらくは毎日新聞から朝日新聞に顧客が流れ、結果的に朝日新聞がさらに顧客数を増やすことになり、本当に読売新聞を抜いてトップシェアを獲得するかもしれません。

もちろん朝日新聞が値上げしなければの話ですが。

重要な追記この記事を書いた直後、朝日新聞が値上げすることが明らかになりました。

4400円(税込み)です。

毎日新聞は4300円(税込み)です。

産経新聞はどうするのでしょうか。