フレッツ光で接続トラブルが増えてきたのでルーターの交換を申し込んでみた

シェアする

インターネットが必要不可欠な時代にあって我が家でもフレッツ光隼マンションタイプを設置しています。

ところで最近になってamazon fire tvで動画を視聴していても、動画が止まって動かなくなったり、ZOOMのオンラインの集会に参加していても突然に切れて再起動して再参加しなければならないといったトラブルが生じるようになりました。

何が原因でそうなるのか、いろいろと考えてみると、フレッツ光隼で使用しているルーターが古くなってトラブルが生じるようになってきているのではないかと判断しました。

ルーターはNTT西日本からレンタルしているPR300S-NEです。

PR300S-NEは今でも利用者の多いルーターのようですが、しかし我が家でも2013年から使用し始め7年超となりました。

そしてこのルーターにも、もちろん寿命というものがあるようで、寿命は5~10年ぐらいと言われています。

なのでもう寿命といえば寿命かもしれず、事情を説明して新しいものに交換してもらおうと考えました。

そこでレンタルしているのはNTT西日本からなので、NTT西日本のフレッツ光の問い合わせの電話に電話をかけてみました。

すると非常に混雑して電話がつながりません。

そしてやっとのことで、つながったのですが、私の場合は、数年前からドコモ光に加入していました。

機器そのものは何も変わっていないのですが、ドコモ光に加入しているので、NTT西日本の電話担当者はドコモにルーターの交換等の問い合わせをしてほしいとのことでした。

機器そのものはNTT西日本のものなのですが・・?

そこで仕方ないのでドコモに電話して、ドコモ光の担当者につないでもらいました。

こちらはさほど待たされることなく、すんなりと話が進み、ルーター交換のための工事の日程もすぐに決まりました。

そして交換工事の時が来ましたが、来られた作業員は1人で、どうやらNTT西日本のスタッフのようでした。

まずはこれまで使用しているPR300S-NEのスピードなどを確かめていました。

すると

「スピード自体はそれほど遅いということはないと思うんですけど、しかしもうすでに7年も使用していますので、今回は新しいものと交換します」

と言われました。

どうやらルーターを交換するかどうかは、どれほどの年数使用しているかにもよるようです。

そして交換工事が始まりましたが、交換すれば終わりといった単純なものではありません。

交換に関する様々な作業があるようで、1つ1つの作業をこなしていかれ、約30分程度かかりました。

最後にインターネットがきちんとつながるかのテストを行い、ひかり電話のテストも行って完了となりました。

そして肝心の工事費用ですが基本的には0円です。

ただし

ドコモ光の認証作業を行なってもらう場合は税抜き2000円。

wifiからのインターネットを端末に接続する作業を行ってもらう場合は端末1台につき1000円の料金がかかります。

しかしいずれも、自分で行うならば工事費用は0円です。

もちろん新しいルーターそのものもレンタル品なので0円です。

ちなみにwifiからのインターネットを端末に接続する作業については、パスワードを入力するだけなので、自分で行いました。

つなげる予定の端末もパソコン、スマホ、タブレットと多々ありますので、そのうちの5台につないでもらっても5000円はかかります。

なので自分で行なうことにしました。

ただドコモ光の認証作業については、NTT西日本の作業員に行ってもらうことにしました。

つなげる自信がありませんでしたのでそうしました。

ということでかかった工事費は2200円でした。

ところで新しいルーターはPR500Kというものです。

実感としては多少ですがスピードが速くなったように感じます。

今後は少なくとも5年はこのルーターにお世話になります。