仕事ができれば高報酬の大東建託営業職!!

シェアする

不動産や建設業界はあまり人気のある職種ではありませんが、しかし仕事のできる人にとっては高収入を期待できる職種でもあります。

例えば賃貸住宅最大手の大東建託の場合、収入は基本給と成果報酬(歩合給)から成っていますが、どんどん成約を決めるような営業マンの場合は、年収が1000万円以上というケースもあるようです。

もちろん営業マンにも、いろいろな方がおられると思いますが、大東オーナーの私の知っている限りの範囲で大東建託営業社員のことについて書いてみたいと思います。

アパート画像

大東建託パートナーズ管理のアパート。

ネット上では大東建託の営業社員の離職率がかなり高いと書かれていましたが、この件については、かなり真実性が高いように思います。

とにかくこの会社で営業社員として生きていくためには、契約をとるなどの成績をあげるしかない所です。

私の物件と契約した大東建託営業の担当者も、成績があがらなければ、肩たたきがあり、辞めざるをえなくなると言われていました。

私の遠い親戚にあたる人も、地方の不動産会社の店長をしていましたが、ある時、それを辞めて大東建託に入社しました。

過去の実績や経験からある程度、やっていけるのではと思っていましたが、数年後に退社しました。

それほど厳しい世界なのだなあと思いました。

もちろん仕事ができるならば給与水準は高いというのは、大きな魅力ですが、できなければ精神的に追い詰められることがあるようです。

ところでネットでは大東建託営業社員は休みがないと書かれていたこともありましたが、現実は少し違うように思います。

私の物件を担当した営業社員も夏休み、年末年始の休み、週1日は休みをとっていたようですし、社員旅行もあるようです。

もちろ仕事日は朝から晩遅くまで一生懸命働いておられるようですが・・。(晩の9時ごろに訪問してくることもあるようです)

結論としては、とにかく大東建託営業社員であるためには、仕事ができること、骨身惜しまず仕事に打ち込める人でないと務まらないようです。私はなれそうにありません。

しかし私の物件も、今も大東建託のお世話になっていますし、これからも入居者様やオーナーによりよいサービスを提供できるようがんばってほしいものです。

追記:大東建託の営業で高報酬を得ている方がいることは事実ですが、そのような営業マンは多くないようです。

辞めていく方も少ないないようですが、しかし長く続けておられる方もおられます。

さらに支店長や部長などの昇格もありますが、その一方で成績が悪ければ降格もあるようです。

ですからどのようなポジションであっても、懸命に働かなければならないようです。

また研修等もけっこうあるようです。

また働き方改革のためか、最近は営業マンの働き過ぎに多少のブレーキがかかっているようです。

週1日は休むこと、週1日は定時になると必ず仕事を終えて帰宅することなどの取り組みがなされているようです。

またネット上のデタラメなコメントでは、大東建託の社員は、大東建託のアパートに欠陥があることを知っているから、大東建託のアパートには住まない等のコメントがありますが、それは真実ではありません。

大東建託の社員で大東建託のアパートに住んでいる方はおられます。(私の所有物件の大東建託の支店の担当者は奥様と大東建託グループの物件に住んでいます)

大東建託の社員が大東建託グループの物件に住むと、なんらかの特典や優遇処置があるのかは知りませんが。

いずれにしても、大東建託はとにかく仕事ができればそれなりの報酬がある職場であるようです。