電話通信一覧

スポンサーリンク

OCNモバイルONEからpovo2.0へ乗り換え

筆者はかつてからスマホ端末を2台を使い分けています。メインのスマホ端末はデーター通信を主に使用しているもので、筆者はドコモのスマホでそうしています。そしてサブのスマホ端末は、電話通信で主に使用しています。筆者のライフスタイルでは、けっこう5分未満の電話をかけることが多いので、サブスマホの存在意義は十分にあります。

NTT固定電話が全国どこにかけても3分9.35円の一律料金へ

NTTの固定電話といえば、同じ局番内の電話ならば、通話料金は安いものの、局番外や遠方に電話をかけると、通話料金がとても高くなるということがありました。例えば関西から東京に電話をするとなると、通話料金がとても高くなるので、よほどの用事がなければかけることはありませんでした。

固定電話を解約しないことのメリット 通話品質・・

近年は固定電話は解約する世帯が増えています。理由としては、あまり使わない、携帯電話があるので、電話通信はそれで十分、固定電話にセールスの電話がかかってくることや、詐欺電話がかかってくることもあるので、もはや置かないほうが良いと考える場合もあるでしょう。しかし・・

発信者の番号通知が全くできないskypeの電話  日本ではできない

スマホや携帯電話から電話をすると、通話料は通常は30秒で20円かかります。なので長電話になると、高額の料金になります。そこでskypeアプリをダウンロードし、skypeで電話すると、国内では1分につき3円程度しかかりません。ということでとても使いたくなるツールですが・・