社会一覧

スポンサーリンク

コールセンターへの電話が繋がらない そのような時はチャットで対処

コールセンターへは、多くの場合、通話料無料のフリーダイヤルでかけることができますが、電話が殺到している時は、繋がらないことがあります。そして一定時間が経過しても、繋がらない場合は、自動的に電話が切れます。そのような場合にチャットで問い合わせをすることができるならば、すぐに解決することができます。

looopでんき 電気代が安かったのは過去の話 今は高く感じる

数年前までは、電気代を抑えるためにはlooopでんきにすると良いと言われていた時代がありました。looopでんきですが、基本料金が0円で、当時は家庭で、電気をかなり使っている家庭などでは、looopでんきにするならば、かなり電気代を安く抑えることができるということで人気がありました。

虐待かしつけか その判断が難しい社会になってしまった

最近、静岡の保育園で、保育士が園児を虐待したとのことで問題になっています。この問題は警察沙汰になり、保育士たちは容疑者として扱われています。もちろん虐待は、あってはならない問題です。とくに、まだほとんど何もわかっていない幼児を虐待することは責任重大でしょう。

値上げしたENEOSでんき 値上げ後の請求金額は・・

ENEOSでんきが11月1日より値上げに踏み切りました。燃料調整額の上限価格廃止に伴う値上げです。それで実際のところ筆者宅も11月30日まではENEOSでんきでしたので、10月分と11月分の電気料金を比較してみました。もちろん10月と11月は比較的電気代が安い時期でもありますので、あまり参考にならないかもしれませんが

Amazonビジネスのアカウントを作成し利用することにしてみた

Amazonといえば、楽天市場と並んで、日本ではトップシェアの通販サイトです。おそらくは扱う品数では最も多いのではないかと思いますし、実際に街角での宅配されているのをよくみかけますが、その多くがAmazonです。筆者もAmazonをしばしば利用していますが、先日のことメールでAmazonからAmazonビジネスの

コスモでんき 申込から利用開始までに約2カ月

筆者はこれまで、電力はENEOSでんきを利用してきました。料金的にはまずまずといったところでしたが、しかし2022年11月の使用分から燃料調整費の上限を撤廃するとの料金改正が行われることになり、電力を利用する会社を変えることにしました。ENEOSでんきをやめた 燃料調整額上限の撤廃でという以前に書いた記事に

ENEOSでんきをやめた 燃料調整額上限の撤廃で

筆者は、関西電力圏に在住していますが、電気代の節約のために、関西電力からlooopでんきに乗り換え、さらにENEOSでんきに乗り換えました。そしてENEOSでんきに乗り換えてから2年以上が経過しましたが、とくに不満もなく利用していました。とりわけdポイントが、たまりやすかったのは良かったてんです。

auのプランpovo 楽天モバイルからの有力な乗り換え先?

2022年5月中旬に、突然に楽天モバイル0円での利用が終了が発表され、現在、0円で利用し続けていたユーザーにしてみれば今後どうするかは悩ましいところです。いずれにしても2022年11月からは少なくても毎月1078円(税込)を支払わなければなりません。そこで有力な乗り換え先として・・

楽天モバイルが0円を終了 事実上11月から値上げへ

Rakuten UN-LIMIT VIですが、この場合、1GBまでのデーターの使用の場合は0円です。しかもRakuten Linkというアプリを使えば、通話とSMSが無料ということで、電話とSMSは楽天モバイルで使いまくり、データーほとんど使わないという方法で利用するならばずっと0円ですむはずでしたが・・

Zoomが仕様変更 無償版はすべてが40分までに変更

コロナの流行で、広く知られ使用されるようになったものにオンライン会議システムZoomがあります。実際のところ、これまでは対面で行っていた会議等が自宅にいながらオンラインで会議が行えるということで、こんなにも便利なものがあったのかという感じで急速に普及しました。