健康一覧

スポンサーリンク

ノンカフェイン飲料で飲みごたえのあるルイボスティー

コーヒーや紅茶、そして緑茶は、普段からよく口にする飲料です。しかしこれらの飲料にはカフェインが含まれています。このカフェインですが、適度に摂取することにはあまり問題はないようですが、しかし度を超すとアルコールのように健康を害するおそれがあります。このてんでノンカフェインの飲料として・・

みかんは1日3個までが最適 食べ過ぎると下痢になる

みかん(温州みかん)のおいしい時期になりました。実際のところ、みかんは栄養豊富でビタミンCが多く含まれています。そのために風邪予防になったり、免疫力を強化することができます。しかもみかんには満腹効果もありダイエットにも効果があると言われています。しかし食べ過ぎると・・

カフェインレスのコーヒーといってもカフェインが含まれている

コーヒーは日常生活に欠かせない飲料になっている方は少なくないと思います。そしてコーヒーには覚醒効果やリラックスさせる効果があります。しかしコーヒーを過剰摂取することには問題があります。というのもコーヒーに含まれているカフェインの過剰摂取がしばしば健康に害をもたらすことがあるからです。

ヨーグルトのダイエット効果は?ただし腸内環境改善による健康効果はある

ヨーグルトを食べる→腸内環境の改善→ダイエットと謳われています。つまり腸内環境が鍵で、腸内環境が悪ければ、太りやすくなるというのです。しかし実際のところ文字通りそのようになるかどうかは?ただし腸内環境改善によって様々な健康効果ああることはよく知られており、育毛効果も・・。

コーヒーは一日何杯までにしておくのが健康的?

コーヒーといえば、いまや、なくてはならない飲料となっている方も少なくありません。そしこのコーヒーには、覚醒効果やリラックス効果があることが知られています。しかしこのコーヒーにはカフェインが多く含まれており、カフェインは中枢神経に影響を及ぼし、不眠の原因になることもあります。

玄米に含まれる毒素フィチン酸やアブシジン酸 実はメリットも

健康志向が強まるなか玄米が注目されています。玄米には白米とは異なって食物繊維が含まれていて、この玄米に含まれる食物繊維が腸にプラスの働きをします。しかし玄米には、フィチン酸やアブシジン酸といった体内で悪影響を及ぼす可能性のあるものが含まれていますが、フィチン酸やアブシジン酸には健康に良い面もあるようです。

減量は暖かくなると厳しくなるのはなぜ? 基礎代謝が関係している

寒さが感じなくなくなる時期になると、快適に過ごすことができ、冬の時期よりも活動的になるかもしれませんが、しかしなぜか体重が増加傾向にあることで悩むかもしれません。このような現象が生じるのは、人間の基礎代謝がかかわっています。この基礎代謝、寒い時期は上がるのに対して寒くなくなると下がります。

体重がどうしても減らない その原因は睡眠不足にあるかも

だれしもが睡眠を必要としています。成人の場合、7~8時間の睡眠が必要だと言われています。しかし睡眠時間を減らして活動している方も少なくありません。その場合、食欲を増進するホルモンが優勢になること、さらに基礎代謝が低下することにもなり、肥満の要因になりうることが指摘されています。

NO IMAGE

納豆を習慣的に食べることのメリットはこんなにもあった

昔はダイエット効果があると言われた納豆。しかしカロリーは高めで食べ過ぎるとかえって太ってしまうかもしれませんが、しかし健康のために習慣的に食べることのメリットは多くあります。またある調査によると医師の9割が近くが健康のために納豆を食べると回答したとの調査もあります。