ドコモショップに使わなくなったスマホを持っていき下取りプログラムを利用してみた

シェアする

以前のことですが筆者はスマホの機種変更を行いました。

AQUOS sense5GからXperia Ace III SO-53にです。

携帯キャリアはドコモで、ドコモのオンラインショップで行いました。

そのさいにドコモの下取りプログラムも申込みました。

この下取りプログラムについてドコモのサイトでは

今お持ちのiPhone・iPad・ドコモのスマートフォンやタブレット、ドコモ ケータイなどを下取り申込みをし、お預かりさせていただくと、携帯電話機などのご購入代金から最大139,300円(税込)を割引!
iPhone・iPadをはじめ、ドコモのAndroidTMスマートフォンやタブレット、ドコモ ケータイのほぼ全機種が下取り可能です!

下取りプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ (docomo.ne.jp)

と書かれていて、機種変更後に使わなくなった端末を下取りにだすと、その端末に応じたdポイントがもらえるというものです。

スマホ画像

シャープのAQUOS sense5G 。

ところで、筆者はこれまでもオンラインで下取りプログラムを利用し、dポイントをもらったことがありましたが、今回はなかなかドコモから下取りプログラムのための返送キッドが送られてきません。

そこでドコモに問い合わせると、返送キッドの発送は行ったものの、郵便局側の都合?で戻ってきているとのことでした。

ゆうパックや普通郵便は届いているのになぜ?と思いましたが、近くのドコモショップでも下取りプログラムを扱っているので、ドコモショップに行くことにしました。

下取りのだすのはシャープのAQUOS sense5G です。

1年半ほど使いましたが、バッテリーがかなり劣化したようなので、機種変更をしてAQUOS sense5Gを下取りにだすことにしました。

ドコモのサイトでは現時点で、AQUOS sense5G の下取り額はdポイント11000となっています。

ただ筆者の端末は、バッテリーが劣化しているのと、以前に落とした時に、あまり目立たないものの傷が入った部分があり、幾らか減点されるのではないかとも考えていました。

そしてドコモショップに来店予約を入れ、入店し、スタッフに見てもらいました。

端末は前もって初期化していたので、数分ほどで査定が終了し、その後スタッフが一言「dポイント11000を付与します」とのこと。

そしてすぐにdポイント11000が実際に付与されました。

これならば今後は、下取りプログラムは、オンラインでなくドコモショップで扱ってもらおうと思いました。

ドコモショップで古いタブレットを処分してもらった 要予約でしたが