簡便な水によるダイエットを実践してみて!!

シェアする

先回の記事
という記事ではダイエットの簡便な方法として水によるダイエット法について書きました。
なぜ水なのかというてんですが、人間の脂肪を燃やすつまりは代謝させるためには水が必要だからということでした。
さらに水そのものはカロリーがなく、いくら飲んでも太ることはありません。
さらに水を飲むことによって、ある程度、空腹感を軽減させることができ、食欲を抑えることができるというてんもあります。
ところで夏が過ぎて、涼しくなってきたころ食欲が増進し、体重が増えやすい時期になってきました。
そこで自分で実際に水によるダイエットを試みてみることにいしました。
ということで実践結果をブログいたします。
方法としては毎日2リットル、水を飲むことをめざしました。
その結果わかったことですが・・
花画像

飽食時代にあってダイエットは多くの人にとって課題。

実践してみて良かったと思ったこと。

1 費用があまりかからない 例え水道水でなくミネラルウォーターで行ったとしても、せいぜい一日、数百円程度です。水道水で行うならば、ほぼ0円でしょう。
2 空腹の時に水を飲むと、ある程度、空腹感を抑えることができる ということで肥満の原因ともなる間食を減らすことができます。
3 実践期間中は体重は増えなかった
といったてんで良かったと思いました。
一方でデメリットと感じたこともあります。
1 身体がむくんでいる時などは、体重が飛躍的に増えることがある(2,3日で元に戻りましたが)といったことがわかりました。
2 トイレに行く回数が増える 夏場は汗になりますが、汗をかかなくなるとどうしても飲んだ分だけトイレに行きたくなります。
といったデメリットがあることに気づきました。
それで次のような人には向いているダイエットかもしれません。
1 少しづつ気長にダイエットを行える人(即効性のある方法ではありませんで、中長期的に行っていく必要があります)
2 トイレにすぐに行けるような環境で生活し仕事を行っている人 どうしてトイレに行く回数が増えてしまいますので、トイレを我慢しなければならない環境にある場合は向いていません。
もし水によるダイエットを考えているならば参考にしていただければ嬉しく思います 。
追記:最近は、アルカリ水ダイエットというものも流行しているようですが、このてんについて朝日新聞2019/1/12の「やってはいけない五つのダイエット 英国栄養士会が選定」という記事には

BDAによるとアルカリ水とは「通常の飲料水よりもpHが高く、カルシウム、シリカ、カリウム、マグネシウムなどの化合物を含む」水のこと。それ故に、アルカリ水を飲むことで「栄養代謝を助け、通常の水道水よりも効果的に毒を除き、より健康に導くと信じる人たちがいる。健康問題の原因となる血液の酸性を下げてくれるという考え方もある」のだそう。

多くの水を飲むことは健康全般によいことであるとしながらも、BDAは「水道で自由に飲めるのに、高価な水に金を浪費するべきではない」とバッサリ。「このダイエットは人間生理を誤解しており、確かな根拠に基づいていない」と指摘します。

引用:https://www.asahi.com/articles/SDI201901118193.html(アクセス日2019/1017)
と書かれています。
このBDAというのは英国栄養士会のことで、アルカリ水のほうが通常の水のダイエットよりも効果があるというわけではないということです。
それならば、廉価な通常の水を使用しながらダイエットをしたほうが良いということのようなのですが。