トイレの換気扇 異常なほどにうるさくなってきた時の対処法

シェアする

最近の住宅にはトイレの換気扇が設備として備わっています。

そしてこのトイレの換気扇ですが、24時間つけっぱなしにしているほうが良いとも言われています。

その理由は

・臭いの除去です。一般家庭のトイレは狭い個室であるため、使用すると臭いがすぐに充満してしまいます。なので臭い除去のために換気扇をつける必要があります。

・結露やカビ予防。トイレには水があるので、他の部屋と比べると湿気が多く、そのためとくに冬は外と中の気温差によって、結露が生じることがあります。結露による水滴はトイレに悪影響を与えるケースがあります。また湿気を抑えることによってカビ予防にもなります。実際のところ、この理由が24時間、換気扇をつけっぱなしにすべき大きな理由ともいえるでしょう。

マンション画像

集合住宅ではトイレに換気扇が常設されている。

ところで、この住居になくてはならないトイレの換気扇ですが、やはり寿命があります。

24時間つけっぱなしにしていると、だんだんと音がうるさくなっていきます。

そして気になるほどの騒音に感じるようになることもあります。

この場合、どのように対処できるのでしょうか。

対処法1 換気扇を掃除する。

換気扇には長年の埃や汚れが蓄積されています。なのでそれを取り除く掃除を行います。そうすることである程度、改善されるかもしれません。もちろん作業中にケガをすることがないように安全に十分な配慮をしながら行うようにしましょう。

対処法2 換気扇の使用をあきらめて、トイレのドアを開けておく。

この方法が安全で最も手っ取り早い方法です。

ただしトイレのなかの臭いが漂ってきます。

それに耐えうるならば、この方法を取ることもできます。

対処3 換気扇の使用をあきらめて小型の扇風機などをトイレのなかで回し続ける。

扇風機も電気代はあまりかかりませんので、換気扇の代用として使用することもできます。ただし扇風機から火災が発生しないよう、使い方に十分な注意を払う必要があります。

このように3つの対処法がありますが、気になるほどに音がうるさくなっている場合は、トイレの換気扇の寿命が近づいている可能性が大です。

この機会に交換を検討するのが、良いかもしれません。

業者に交換してもらうと費用は\20000~です。

賃貸住宅の場合は、多くの場合、管理会社に伝えると無料で交換されます。

換気扇 – Wikipedia