イオンカードが自動的にイオンゴールドカードに切り替わり送られてきた

シェアする

先日のことですが、筆者宅に郵便局からの不在票が入っていました。

差出人はイオン銀行となっています。

イオン銀行?

イオン銀行の口座があるわけではないし、なぜと思いましたが、イオンカードは持っているので、もう更新時期が来ていて更新後のカードのことかと思い、イオンカードの有効期限を見てみると、2026年となっていました。

草原画像

イオンカードのゴールドカードは年会費が無料。

ということは更新カードでもないということです。

なんだろうと調べてみると、あるサイトにイオンカードは、条件を満たせば、ある時にイオンゴールドカードに切り替わり、送られてくることがあると書かれていました。

ひょっとすればこれかもしれないと思い、イオンカードのマイページにログインしてみると、筆者のイオンカードはイオンゴールドカードになっていました。

これで送られてきたのが、イオンゴールドカードであることを確信しました。

イオンゴールドカードのご案内|イオンゴールドカード (aeon.co.jp)

ところでイオンゴールドカードは他社のゴールドカードにない特徴があります。

その1つが今回のように、通常は申込むことができず、イオンカードから、いきなり切り替わったゴールドカードが送られてきたり、申込書が送られてくることもあるようです。

つまりはゴールドカードを持つだけの安定収入があり、希望したとしても持つことができないカードです。

さらにゴールドカードは、その多くは年会費が請求されます。

一般的には税込11000円です。

しかしイオンゴールドカードは、なんと

年会費が無料です。

これが最大のメリットといえばメリットといえるかもしれません。

他にも、ゴールドカードならではの保険の充実や、大規模イオン施設でのイオンラウンジや空港のラウンジが利用できるというメリットもあります。

さらにカードを使用したさいの還元率などは、全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどイオングループの対象店舗のご利用は、いつでもポイント基本の2倍、さらに毎月10日は、イオングループ以外でのお買い物でも、WAON POINTが基本の2倍(200円(税込)で2ポイント)になります。(dカードよりも悪い?)

なので旅行することがほとんどない、イオンの大規模施設に行って、イオンラウンジを利用する機会がなければ、とくに持つことのメリットを実感することはありません。

筆者もそうです。

しかし筆者のように、とくに金持ちでなくても、イオンカードを長年持っていて、一定の条件を満たしたために、ゴールドカードを無料で持たせてくれたイオンのお客様への優しい配慮には感謝するしかありません。