ahamoの20GB超え後の通信速度制限中の1MbpsでもZoomは使える

シェアする

NTTドコモの携帯電話プランのahamoですが、この斬新なプランの発表は大きな衝撃を与えました。

プランの概要についてウィキペディアには

月額2,700円(消費税・ユニバーサルサービス料金・電話リレーサービス料金別)[13]日本および海外82か国・地域での20GBデータ通信が可能、1回5分以内の国内通話料無料。データ通信量が20GB(海外では15日間以上の滞在)を超過すると、通信速度が最大1Mbps(海外では最大128kbps)に制限される。

ahamo – Wikipedia

と書かれていて、月額3000円未満で、20GBのデーター通信が可能、さらに1回5分以内の国内通話料無料というサービスです。

普通にスマホを使っているならば、これで十分です。

データー通信も外出先のみならば、20GBも使うということはまずないですし、国内通話も通常は5分以上行うということはあまりありません。

このてんでよく長時間通話する相手がいるならば、LINE電話などを使用するならば問題ありません。

ところで筆者の母は、このahamoを契約していますが、自宅部屋は光サービス等を入れていないので、自宅でのデーター通信もahamoに依存しています。

しかも母の場合は、ユーチュブはあまり利用しないのですが、Zoomはしばしば利用しています。

そしてこのZoomですが、データー通信量をかなり使用します。

だいたい1時間で、1GBぐらいでしょうか。

ということは3時間で3GBです。

そして毎月のことですが、母は20時間程度、Zoomを使っています。

ということでahamoの20GBは月末ごろになると、ほとんど使い切った状態で、それを超えると最大1Mbpsに通信速度が低下することになります。

もちろん1Mbpsならば、LINEのやりとり、LINE電話、ブラウジング等は行えますが、問題はZoomなどの動画コンテンツが使えるかどうかです。

そこで先月末、通信速度制限が、かかった状態でZoomを使ってもらいました。

すると母が言うには「問題なく使えた」とのことでした。

ということはahamoの場合は通信速度制限が、かかってもZoomは使えるということです。

もし通信速度制限のなかでZoomを使ってトラブルが頻発するならば、anamo大盛にするか、追加料金を払って数GB追加するかも検討しましたが、どうやらその必要はなさそうで、今後も3000円未満の料金で事足りるようで安堵しました。

それにしても、さすがドコモ、通信制限がかかっても動画を使えるとは感心です。