銀行のネットバンキング モバイルアプリのメリット デメリット

シェアする

インターネットの普及に伴って、利便性を感じる事柄の1つに、ネットバンキングがあります。

つまりは銀行での取引をインターネットで行うことです。

銀行画像

とにかくインターネットのない時代は、銀行取引のためには、銀行の店舗まで行くか、テレホンバンキングというものもありました。

しかし銀行の店舗までの行き帰りに時間がかかりますし、ATMでの取引でも、順番待ちをすることなども多く、楽ではありませんでした。

またテレホンバンキングも、繋がりにくいことがあったり、操作が面倒に感じることもありました。

そのようななか登場したのが、ネットバンキングです。

サービスが始まった当初はパソコン等で、IDとパスワードでログインして、入出金明細を確認したり、振込を行うことができ、とても便利なものができたものだと思ったものです。

しかしやがてセキュリティ面での強化なども行われるようになり、銀行から送られてくるトークンといった機器を用いながらパスワード入力を行うような時代へと変わっていきました。

このトークンですが、電池切れとなると交換しなければならないのですが、銀行としては負担にもなっていたようです。

そこでしばらくして行われるようになったのは、スマホなどにアプリを入れてトークンのように使う機能です。

このてんでは都銀では三菱UFJ銀行や三菱UFJ信託銀行などが、先駆者的にサービスを提供しているようです。

私も利用して、とても使い勝手が良いと感じています。

そして最近では筆者のメインバンク、りそな銀行も、スマホアプリに力を入れています。

というか、これまでは筆者もりそな銀行からトークンを送ってもらって、銀行取引を行っていたのですが、最近になって今使っているトークンが使えなくなるとの通知があり、スマホアプリでの取引への切り替えが急務となっていました。

そこでスマホアプリへの切り替えを行うことにしました。

切り替えは、スマホだけでも簡単に行えます。

そして切り替え後は、これまで使ってきたトークンは使えなくなります。

阪神地区

そしてスマホアプリによるネットバンキングのメリットはなんといっても、使いやすさです。

いつも手元に置いているスマホを使ってのことですから、すぐに取り出せます。

また外出先でも、取引を行うことができます。

一方でデメリットがあるとすれば、機種変更時に新しい端末に移し替える作業が多少手間がかかること、スマホの電源が落ちれば使えなくなることなどがあります。

しかし自分のスマホにダウンロードしインストールするだけのことなので、うっとおしくなければアプリを入れておくのも悪くはありません。

トークン – Wikipedia