新聞販売店への電話がつながらない いつかけても不在?

シェアする

昔は、儲かっていた新聞販売店。

最近はジリ貧状態の新聞販売店が多くなっています。

そのために新聞販売店では、人件費を抑えるために従業員の給料を抑えています。

そのために慢性的な人手不足になっている新聞販売店も少なくありません。

元新聞販売店

そして新聞販売店には、大概、窓口や問い合わせ先になる電話が置かれています。

それで何かあれば、その電話番号に電話をかければよいと思われると思いますが、しかし

電話がかからない

ということがしばしば生じます。

特に人手不足の今、多くの新聞販売店でそのような事が生じがちです。

ではどのように対処することができるでしょうか。

①留守番電話にメッセージを残す。非通知で電話をかけない。

新聞販売店によっては、従業員などが、かかってきた電話を1つ1つチェックしています。

そして折り返し電話をかけることがあります。

なので留守番電話にメッセージを残しましょう。また非通知で電話をかけないようにいたしましょう。

もちろん、このような良心的な対応をしてくれる販売店もありますが、なかにはほったからかしにしている販売店もあります。

②従業員が新聞販売店で働いている時間帯に電話をする。

新聞販売店では従業員が店内で働いている時間帯があります。

その多くは午後の時間帯です。

例えば夕刊を扱っている販売店ならば、夕刊が販売店に運ばれる13時か14時以降になります。

そして広告チラシを整える時間帯も午後が多いです。

特に金曜日は翌日の広告チラシが多いので、従業員が店内で働いている時間帯が長くなる傾向があります。

その一方で、従業員が店内にいない時間帯は午前中です。

午前中不在の販売店は多くあります。

また晩の時間帯も不在です。

そして日曜祝日は、不在の販売店が少なくありません。

③新聞販売店ではなく新聞紙に掲載されている本社に電話をする。

新聞紙に掲載されている本社に電話をするという方法もあります。

そうするならば確実に販売店に伝わります。

しかし新聞販売店は本社に電話をかけてもらうことを嫌います。

というのも本社の新聞販売店の評価に影響することがあるからです。

④集金スタッフに伝言する。

この方法も確実性が高いです。

なのでクレジットカード払いや自動引落しで新聞代を支払うよりも、訪問集金はお勧めです。

簡単に4つの対処策を取り上げましたが、今後ますます新聞販売店への電話はかかりにくくなると思います。

なので適切に対処いたしましょう。

新聞の販売店経営 今は儲からないビジネスになってしまった

スポンサーリンク