ライフのネットスーパー 店舗配送とアマゾン配送 どう違う?

シェアする

ネットスーパーが売上高を伸ばすなか、スーパー大手のライフもネットスーパーを展開しています。

ところでライフのネットスーパーですが、配達エリアになると、ライフの店舗配送と、あのネット通販の最強ともいえるアマゾン配送かのいずれかで注文し配送されることになります。

ライフの店舗配送は、ライフネットスーパーに直接注文し、担当店舗のスタッフが配送するものです。

スーパーのライフ画像

スーパーのライフ。根強い人気がある。

一方でライフはアマゾンともネットスーパーで提携しており、アマゾンサイトのライフから注文し、アマゾンの配送スタッフが配送する方法で、ライフの商品を受け取ることもできます。

このてんで筆者は両方の利用を体験いたしました。

そして今回はライフ店舗からの配送とアマゾン配送の違いについて感じたことなどを取り上げてみたいと思います。

まず配送料ですが

ライフ店舗からの場合は

1500円以上~3500円未満 440円 (税込)

3500円以上~5500円未満 330円(税込)

5500円以上~8000円未満 220円(税込)

8000円以上 無料

となっています。

一方でアマゾン配送の場合は

2,000円~8,000円未満 390円(税込)

8,000円以上 無料。

となっています。

なので3500円未満の買い物ならばアマゾン配送のほうがお得になります。

さらに商品の価格ですが

ほぼ同じだと思いますが、しかしややアマゾンのライフのほうが高いようにも思われます。

おそらくはアマゾンのライフの場合は、ライフ店舗から直接というよりも、アマゾン経由になる分、高くなっている可能性があります。

しかし品数になるとライフ店舗よりもアマゾンのライフが豊富のように思われます。

アマゾンのライフのシステムがどのようになっているかはわかりませんが、アマゾンがライフからまとめて商品を納入し、アマゾンの倉庫に保管し注文があればアマゾンの配送スタッフが配送するというシステムなのかもしれません。(あくまでも筆者の推測ですが)

なので商品の梱包も、ライフ店舗配送はライフで使用しているもので梱包されていますが、アマゾン配送の場合は、アマゾンの梱包が使用されています。

なおアマゾンのライフについては以下サイトをご覧ください。

Amazon 食品スーパーライフ | 生鮮食品を最短2時間でお届け – アマゾン

スポンサーリンク