楽天ぐるなびデリバリーが2022年7月25日にサービスを終了

シェアする

最近に私のメールに入っていたのですが、楽天ぐるなびデリバリーが2022年7月25日にサービスを終了とのお知らせがありました。

それで楽天ぐるなびデリバリーのサイトを調べてみると

平素は「楽天ぐるなびデリバリー」「楽天ぐるなびテイクアウト」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、2022年7月24日(日)23:59をもってサービスを終了することとなりましたため、以下の通りご案内申し上げます。

引用:https://delivery.rakuten.co.jp/info/detail.html?id=34

と確かにサービスが終了することが明示されていました。

ここでは7月24日(日)23:59をもってサービスを終了するとありますが配達は7月25日まで行われますので、すべてのサービスが終了するのは7月25日になります。

市街地画像

それにしても私も時々ですが、デリバリーサービスは利用することはありますが、このデリバリー事業は、なかなか大変な事業なんだなあと実感いたしました。

そういえば、ドコモが運営していたdデリバリーもサービスを終了した時はとても驚きましたが、やはり、デリバリーはグループ事業のなかでは不採算事業になりやすく、ドコモも楽天も、手を引かざるをえなくなったようです。

こうなると残されたのは出前館やウーバーイーツ、その他外資系のデリバリー業者といったところでしょうか。

出前館についても

出前館 デリバリーではよく知られているが事業は大赤字だった

という記事でも書きましたが、広告費に多額の費用をかけていて、大赤字のようです。

最近では出前館はLINEグループから資本注入をしてもらっているようで、事業継続が行われているようです。

こういう状態なので、デリバリー事業から手を引くとしてもおかしくはありません。

ところで最近はネットスーパーでもスーパーのお弁当やお惣菜を注文することができるようになりました。

ネットスーパーは大手スーパーが力を入れていて、売上高も右肩上がりで上昇しているスーパーもあるようです。

同業他社との競争だけでなく、ネットスーパーとの競合もデリバリー業界としては気になるところで、今後も厳しい経営が続くのかもしれません。

スポンサーリンク