楽天モバイルが0円を終了 事実上11月から値上げへ

シェアする

私も2021年春ごろに楽天モバイルに加入し、1年以上が経過しました。

プランはRakuten UN-LIMIT VIですが、この場合、1GBまでのデーターの使用の場合は、0円ということで重宝していました。

しかもRakuten Linkというアプリを使えば、通話とSMSが無料ということで、電話とSMSは楽天モバイルで使いまくり、データーほとんど使わないという方法で利用し、楽天モバイルを利用し始めて、最初に端末代金が多少かかったぐらいで、後はずっと0円ですみました。

市街地画像

しかし2022年5月13日、ショッキングなニュースが入ってきます。

ニュースの内容は以下ヤフーニュースからですが

楽天モバイルが5月13日に発表したスマートフォン向けの新しい通信プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」が波紋を呼んでいる。・・Rakuten UN-LIMIT VIIは使ったデータ容量に応じて料金が変動するプラン。3GBまでの場合は月額1078円(税込、以下同)。3GBを超えた場合は2178円、20GB以上の場合は3278円になる。

“0円終了”楽天モバイルに反発の声 「裏切られた」「乗り換えようかな」 余波で「povo2.0」トレンド入り(ITmedia NEWS) – Yahoo!ニュース

とあり、7月よりRakuten UN-LIMIT VIからRakuten UN-LIMIT VIIに自動的に変更になり、これまではデーター使用料が1GBの場合が0円だったのが、今後は1078円(税込)課金されるようになるというのです。

ただし既存のRakuten UN-LIMIT VIユーザーの場合は、月額料金が実質無料になるキャンペーンを10月末まで展開するとのことです。

具体的には7~8月は月額料金が無料となり、9月と10月は月額料金相当の楽天ポイントを付与するという形ですが、しかし11月からは値上げになります。

実際のところ、私と同じような使い方をしてきたユーザーにしてみれば、これまで0円だったのが、11月から1078円がかかるということで、悩ましいところです。

あと5カ月ほどの猶予期間がありますが、10月末までは、楽天モバイルを利用して、その後どうするかです。

もちろん新料金でも、やはり楽天モバイルが格安であることには変わりがなく、乗り換えようにも乗り換え先があるのかどうかといったところで、それまでに受け皿となる乗り換え先が現れることを願うばかりです。

スポンサーリンク