銀行が顧客の特典を縮小させるなかauじぶん銀行が特典を拡充?

シェアする

低金利時代が続く中、経営状況が厳しいのは銀行と言われています。

主な収益事業である融資が、低金利のために十分な収益が得られないためです。

そのために店舗にかかる維持費などが負担になり、店舗数を減らしたり、様々な手数料を値上げするなどして、乗り越えようとしています。

さらに取引状況に応じて、顧客に提供してきた様々な特典も縮小させています。

実際のところ都市銀行でも、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行は、そのような特典を縮小させてきました。

あまり縮小させていないのは三菱UFJ銀行ぐらいでしょうか?

ところで、店舗を構える銀行が厳しい状況にあるなか、インターネット銀行は事情が異なるようです。

というのもインターネット銀行は店舗がない分、身軽だからです。

ウィキペディアにもネット銀行について

営業上最小限必要な店舗のみを有し、店舗や自前のATMが少なく、預金通帳等を発行しない。人件費や店舗運営コストがかからない分、預金金利が高く、手数料は安いところが多い。

従来の銀行と同じように、商品に定期預金があり金利は従来の銀行より高めである。他に外貨預金や投資信託、ローンなどを取り扱うところや、金融商品仲介(証券・保険)まで行うところがある。また振込においては従来の銀行とは異なるサービスを提供しているところもある。

ネット銀行 – Wikipedia

と書かれていて、コストがかからない分、有利な銀行であるということがわかります。

ところで最近、auじぶん銀行からメールが来ました。

「じぶんプラスのリニューアルに関するお知らせ」というもので、auじぶん銀行も特典縮小を行うのかと、ドッキとしましたが、内容を見てみるとそうではないようです。

というか全体的には、顧客向け特典が拡充する内容になっているようです。

例えばこれまでは、ゆうちょ銀行ATM(ファミリーマートに設置されている、ゆうちょ銀行ATMも含む)は、これまでは月1回のみ、手数料は0円で、2回目以降は220円(税込)の手数料がかかっていました。

それが改定後は無制限に手数料は0円になります。

さらに他行振込手数料無料特典ですが、月に行える回数も増えるようです。

auじぶん銀行といえば、三菱UFJとのつながりのあるネット銀行でKDDI傘下にある経営体力はある銀行だと思っていましたが、今の時代に特典拡充を行えるとは驚きです。

今後、auじぶん銀行の活用の拡充を検討していきたいと思います。