ネットスーパー戦国時代 イオン ライフ ダイエー・・

シェアする

最近のことですが、スーパーのライフがAmazonと組んでネットスーパー事業を拡大し、私が住んでいるエリアも対象エリアになりました。

このように近年、大手のスーパーの多くがネットスーパー事業を展開しています。

花画像

私も実のところ、現在イオンとダイエーのネットスーパーを利用しており、週2回ほど利用しています。

以前は阪急キッチンエールを利用していたこともありました。

しかしあれもこれもと利用すると、かえって手間と費用がかかるので、今はイオンとダイエーのみのネットスーパーを利用しています。

ところでネットスーパーには、ユーザーであるならば認識できるようになるメリットが多々あります。

幾つか取り上げてみますと

①買い物に行く手間が省ける。これは当然のメリットですが、買い物に行く手間や時間が省けます。特に猛暑の時期や非常に寒い時期、また大雨の日は助かります。また人混みを避けたい場合にもネットスーパーは便利といえるでしょう。

②無駄な買い物を避けることができる。ネットでの買い物なので、じっくりと考える機会があります。なので十分に買うものを選択することができ、無駄な買い物を避けることができる。

③重量のある物も定額の配送料で配達してくれます。例えば米、水など持って帰るのが大変なものも定額の配送料でネットスーパーでは扱ってくれます。

④生鮮食品などの食品だけでなく日用品も一緒に買い事ができる。

ところでネットスーパーでデメリットに感じる事柄の1つに配送料があります。

例えばイオンやダイエー、楽天西友、イトーヨーカードーの場合は1回につき330円(税込)です。

そしてライフは390円です。

それで1カ月に10回利用した場合、配送料は1カ月で3300円(税込)ぐらいかかることになります。

ただ配送料の設定は、1万円以上の買い物で安くなるとか、期間限定で110円(税込)になるといったこともあります。

なので上手に買い物をして配送料を節約することができます。

もちろん他にも、ネットスーパーのデメリットとしては目と手にとって品定めができないこと、閉店前の割引サービスを利用できないことなどもあります。

しかし食品や衣料といった、生活必需品はどうしても購入しなければならないものですが、ネットスーパーというツールを上手に活用することができるでしょう。