Amazon Mastercardゴールド やはり廃止へ ヘビーユーザーは残念

シェアする

アマゾンのヘビーユーザーにとってAmazon Mastercardゴールドカードはとても有用なカードだったと思います。

年会費11000円は高いですが、しかし「マイ・ペイすリボ」・「WEB明細割引」併用で4,400円に抑えることができます。

さらにアマゾンプライム会費はAmazon Mastercardゴールドカード会員の間は無料になります。アマゾンプライム会費は年間で4900円なので、それだけでゴールド会費を相殺することができます。

そしてポイント還元率は2.5%です。

なのでアマゾンのヘビーユーザーならば、11000円の年会費を上回るだけのものを十分に得ることができます。

花画像

しかし

Amazon Mastercardゴールドの新規申し込みがなぜか終了になっていた

という記事では

最近になってAmazon Mastercardゴールドの新規申し込みが終了になっていたことについて言及していますが、新規申し込みが終了ということは、今後Amazon Mastercardゴールド会員数がどんどん減っていくことを意味します。

そして現在のAmazon Mastercardゴールド会員が更新のさいにも、Amazon Mastercardゴールド会員として更新されるのかどうかが注目していましたが、2021年10月中旬のアマゾンからの重要なお知らせによると、アマゾンが2021年11月以降Amazon Mastercard全般をリニューアルするようで、以下のように書かれています。

2021年11月1日より、Amazonプライム会員資格の自動更新サービスは終了します。新サービス移行日以前にAmazon Mastercardゴールドの年会費をお支払いいただいている場合、ご利用中のAmazonプライム特典はAmazonプライム会員更新日まで継続します。その後はお客様ご自身で新たにAmazonプライムにご登録していただく必要がありますのでご注意ください。
なお、Amazonプライム(無料体験、Prime Studentを含む)にご登録していただければ、Amazonプライム特典を継続してご利用いただくことができ、またAmazon.co.jpでのお買い物還元ポイントも旧Amazon MastercardゴールドにおけるAmazonプライム会員のお客様向けの2.5%ポイント還元が適用されます。

Amazon.co.jp: Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード): ファイナンス

と書かれていて、事実上Amazon Mastercardゴールドはやはり廃止になります。

ただし、アマゾンプライム会員を継続している間は、ポイント還元率2.5%のサービスは継続するようです。

しかしそれでも、今回の改定でアマゾンヘビーユーザーでAmazon Mastercardゴールドカードを利用していたならば、損か得かどちらかといえば、損をすることになるようです。

それにしてもアマゾンもカード事業では、一歩ひくことにしたのでしょうか?

それとも提携先の三井住友カードと何かあったのでしょうか?