Microsoft Windows 11へ無償アップグレードできないパソコン

シェアする

Microsoft Windows11がリリースされました。

Microsoft Windows11搭載パソコンもちらほらと販売されています。

このMicrosoft Windows11ですが、ウィキペディアには

Windows 11(ウィンドウズ 11)は、マイクロソフトが開発するWindows NT系のオペレーティングシステムである。Windows 10の後継バージョンにあたる。日本では2021年10月5日に公開された。開発コードネームは「Sun Valley」であり、正式発表前はWindows 10のバージョンの一つともみられていた。Windows 11のシステム要件[注釈1 1]を満たすパーソナルコンピューターは、2015年のWindows 10リリース時と同様に無償アップグレードが可能となる

Microsoft Windows 11 – Wikipedia

と書かれています。

このようにWindows11はWindows10の後継OSでWindows10搭載パソコンならば、無償アップグレードの対象になりうることについて書かれています。

なので私もWindows10搭載ノートパソコンが3台ありますが、いずれも無償でWindows11へとアップグレードされるものと思っていました。

しかし最近わかったことですが、Windows10搭載パソコンの場合、設定→更新とセキュリティをタップすると

なんとWindows11の無償アップグレードの対象となるパソコンなのかどうかが、表示されます。

そして私の3台のノートパソコンの場合、Windows11の無償アップグレードの対象となるパソコンは1台のみで、あとの2台は、Windows11の無償アップグレードの要件を満たしていないと表示されました。

どうやら要件で引っ掛かったのは、プロセッサのようです。

この要件を満たせなかった2台はいずれも4年以上前に購入したパソコンで、当時のプロセッサではWindows11には十分に対応できないようです。

以前のWindows10への無償アップグレードは、ほとんどのパソコンが対象になっていたように思いますが、今回のWindows11への無償アップグレードは厳しく振るい分けられているように思われます。