光回線 接続が時間帯によって非常に不安定になることがある

シェアする

コロナ渦にあって、ZOOMを頻繁に使うようになりました。

これはとても便利で実用的なツールです。

ところで使用していて気になることがあります。

それは時々ですが、ネット接続が不安定になるのです。

我が家では、フレッツ光マンションタイプでネットを使用していますが、パソコンに有線接続でZOOMに繋いでも、時々接続が不安定になることがあるのです。

特に金曜日の晩の20時以降です。

フレッツ光の場合は、通常は200~400Mbpsの回線速度があり、ZOOMや動画の接続には全く問題がない回線速度です。

だいたい10Mbps以上の回線速度があれば、ZOOMや動画は問題なく利用できると言われていますので200Mbps以上の回線速度があれば、問題がないはずです。

しかし接続が不安定になります。

ということは時にはフレッツ光の回線速度が10Mbps未満にまで落ちていることがあるということなのでしょうか?

そこで回線速度を測るウエブサイトをパソコンのデスクトップにショートカットとして貼り付けて、こまめに回線速度を測ることにしました。

なるべく信頼性の高いもので回線速度を測りたいので、今回は「通信速度測定システム Radish Network Speed Testing Ver. 5.7.3.1 β」を使用するこにしました。

そこで一日に何度が回線速度を測ってわかってきたのは

比較的、自宅等でインターネットを使用することが少ない時間帯、例えば早朝5時頃や平日の日中などは

フレッツ光の回線速度は、ほぼ200Mbps以上となっています。

つまりはこのあたりの速度ならば、全く問題ありません。

しかし自宅でインターネットを使用することが多くなる時間帯、例えば晩の時間帯になると

フレッツ光の回線速度がガタ落ちになることがわかりました。

だいたい30~50Mbpsぐらいです。

しかも時には10Mbps以下になることもあります。

10Mbpsよりも速度が落ちると、ZOOMの接続は不安定になります。

光回線といえば安定した接続というイメージがありましたが、実際には、

回線速度はかなり乱高下

するものなんだということに、今回の実験でわかりました。

そこで接続が不安定な時間帯にどう対処すればよいかというてんですが

1つにはモバイル通信を利用するという方法があります。

例えばドコモの回線をデザリングでパソコンに繋いでもZOOMには十分対応できます。

もちろんデーター通信料は気になるところではありますが、無制限にデーター通信を利用できるプランに加入しているならば、晩の時間帯はドコモの回線のデザリングで専ら繋げるということもアリかもしれません。