楽天カードの楽天カード利用獲得ポイントの進呈条件が一部改悪

シェアする

楽天カードといえば、人気のクレジットカードです。

とにかく楽天カードの場合、基本的には100円の利用で楽天ポイント1ポイント獲得することができるのですが、条件次第ではさらに多くのポイントを獲得することもできます。

しかもカードを発行する前の審査も比較的緩いようで、だいたい誰でも利用できる利便性の高いカードです。

わたしも、特に楽天市場を利用する時は楽天カードを利用しています。

ところで楽天市場以外の楽天カードの利用で、とても有用だと感じてきた方法があります。

それは公共料金等の利用の場合でも、100円につき1ポイントを獲得することができるというてんです。

このてんで、光熱費の支払い等では、どのカードでもポイントが付与されますが、その一方で国民年金の支払い等では、ポイントが付与されないカードがほとんどです。

それが楽天カードでは、国民年金の支払いでも100円につき1ポイント獲得することができるというてんで、とても重宝できるカードなのです。

例えば国民保険料は1カ月あたり16540円ですが、それでも約165ポイントを獲得することができるのです。(イオンカードも国民健康保険料の支払いでポイントが付与されますが100円につき0.5円です)

ということは年間で1980ポイント、およそ2000円ほどのキャッシュバックを受けることができるます。

ところが、このポイント進呈条件が改悪されることになりました。

この件についてのお知らせのメールが届きましたがメールによりますと

<変更の対象となるご利用分>
・公共料金(電気、ガス、水道)
・税金(国税、都道府県税など)
・国民年金保険料
・Yahoo!公金支払い・・

<楽天ポイント進呈条件>
■変更前
100円ご利用につき1ポイント
■変更後
500円ご利用につき1ポイント

と書かれています。

つまりはこれまでは国民健康保険料の支払いで100円につき1ポイント付与されたのが、今後は0.2ポイントしか付与されなくなるというのです。

ということは年間2000円相当のキャッシュバックが400円相当になってしまうという改悪です。

しかもさらに悪いことに、電気やガス、水道代金の支払いの付与も同じように改悪されるということで、これならば、他のカードよりも付与率が明らかに悪くなることでしょう。

それにしても、なぜこんなにも、ポイント付与率を悪くしたのでしょうか?

苦戦している楽天モバイルのテコ入れのためなのでしょうか?