新聞購読の契約を賢く活用する

シェアする

年末年始の時期は、新聞購読の契約が切り替わる時期でもあります。

例えば12月末まで読売新聞との購読契約をしていて、12月末で解約し、1月からは産経新聞と購読の契約をしているとったぐあいです。

ところで新聞の購読契約によって、毎朝新聞を玄関ポストにまで届けてくれるようになりますが、しかし月額料金として数千円を支払っていなければなりません。

なのでこの機会を賢く活用することは望ましいことです。

元新聞販売店

どのようにそうすることができるでしょうか。

まずは新聞にはさんでいるチラシ広告を賢く活用することができます。

チラシ広告には近所にあるスーパーの売り出し情報などがあります。

そこで幾つかのスーパーの売り出し情報などを比較検討して、上手に買い物をすることができるでしょう。

またチラシ広告のなかには、近所の食堂やレストランなどの飲食店のクーポン券などが含まれていることもよくあります。

なかにはテイクアウトでも使用できるクーポン券などが含まれていることもあります。

これらを上手に活用するならば、月額の新聞代金を上回るぐらいの効果があるかもしれません。

ちなみにチラシ広告の量は、新聞販売店が扱っている新聞によって大きく違う場合があります。

全体的な傾向としては、全国紙の場合、朝日新聞や読売新聞のチラシ広告は多い一方、毎日新聞や産経新聞は少ないです。

またチラシ広告を一切必要としない場合は、新聞販売店にその旨を告げると、チラシ広告なしで新聞を配達してくれます。

ところでさらに新聞の購読契約を賢く活用する方法としては、数日以上不在にする場合は、その期間の配達を停止してもらうことができます。

そして配達を停止した期間の分を月額代金から割り引いてもらうことができます。

このてんでは新聞販売店に配達の停止期間とともに、はっきりとその分を割り引いてくださいと言わなければなりません。

言わなければ割り引いてくれないことがあります。

そして新聞販売店には、お客に渡すための景品をそろえています。

例えば、洗剤、キッチンパック、タオル、ゴミ袋、チケットなどです。

チケットについては、昔は遊園地や温泉のチケットもありましたが、最近はとても少なくなりました。

しかしそれ以外の景品ならば、欲しい旨を新聞販売店に告げると持ってきてくれることがあります。

他にも購読者が1人暮らしの高齢者の場合、新聞がポストに溜まってきたならば、親族などの連絡先を告げておくこともできます。これは正式なサービスとして提供しているものではありませんが、新聞販売店としても購読者に万が一のことがあった場合、速やかに対処したいので、このような要望に対応してくれるでしょう。

このように新聞購読の契約をしたならば、賢く活用いたしましょう。