JCBがご利用明細を有料化に

シェアする

先日のことですが、JCBカードから以下のようなメールが届きました。

【JCBからの大切なお知らせ】郵送によるカードご利用代金明細書の有料化について

とあります。

このように郵送によるカードご利用代金明細書の場合は有料になるという内容です。

これまではJCBカードの場合は、カードご利用代金明細書の郵送の場合も無料でした。

それがついにJCBカードも、今後は有料へと踏み切るようです。

ちなみにJCBカードの場合

・開始時期:来年2021年7月12日(月)お支払い分の明細書より順次予定

・明細手数料:1通あたり88円(税込)

・明細手数料のお支払い方法:原則翌月お支払い分とあわせてのお支払い

・お支払い時期:来年2021年8月10日(火)お支払い分以降より順次予定

ということで、実施は来年の夏以降ということで、まだ先のことですが、十分に前もって通知が来ことになります。

そして明細手数料は税込88円ということなので、1年で約1000円がかかることになります。

そしてこの1000円を高いと見るか安いと見るかは、ユーザーによって異なると思いますが、ほとんど利用していないならば、この機会に解約することを検討する機会になるかもしれません。

もちろん、ご利用明細書の郵送を止めて、ネットのみでご利用明細を確認している場合は、これまで通り無料です。

そしてご利用明細の郵送を止める方法は、JCBカードに電話をかけて止めることが、おそらくできます。

しかしユーザーであるならば、やはりご利用明細は確認できるようにしておかなければならないと思いますので、郵送を止めるならばJCBカードのインターネットサービス、MyJCBに登録して、インターネットでご利用明細が確認できるようにしておくのが賢明です。

そしてこのMyJCBからも郵送を止めることができます。

そしてMyJCBですが、とても便利なツールですが、しかし毎回ログインするためにはIDとパスワードが必要となります。

なのでIDとパスワードを忘れないように、きちんと記録しておかなければなりません。

これが面倒だと感じる方もおられるかもしれません。

ところで日本のクレジットカード会社では最大手のJCBカードが、郵送よるご利用明細書を有料化したということは、今後は他社も追随する可能性があります。

最近は銀行の通帳も有料化する動きがありますが、ますますペーパーレスが進んでくように思われます。