回転寿司の持ち帰りサービスを利用することには様々なメリットがある

シェアする

回転寿司といえば、リーズナブルな価格でお寿司を満喫できるということで人気のある外食店です。

私も単身で行くこともあれば、妻と行ったり、親族と行ったりとしばしば利用していました。

過去にはです。

もっとくわしく言えば今年の3月に新型コロナウイルスのまん延以降は回転寿司に1度も行ってないのです。

草原画像

ところで最近になって、母がお寿司を食べたいから買ってきてほしい、お金は出すからと言ってきました。

それで先日のお昼に、自宅で妻と母と義母と私の4人でお寿司を食べることにしたのですが、どのようにお寿司を調達するかです。

テイクアウトという方法もありますが、4人で食べるとなると6000円~7000円はします。

もっと安い方法はないかと考えた時に思いついたのが

回転寿司の持ち帰り

です。

回転寿司の持ち帰りサービスがあるのは、知っていたのですが、1度も利用したことはありませんでした。

店舗にまで、わざわざ行くならば店舗で食べて帰るのが当然と思い込んでいたからです。

しかし今回は1度、回転寿司の持ち帰りを行ってみようと思いました。

私の自宅の最寄りの回転寿司は、かっぱ寿司なので、かっぱ寿司のウエブサイトから持ち帰りについて調べてみると、インターネットで持ち帰りの予約ができることがわかりました。

それで前日に、かっぱ寿司のウエブサイトから、持ち帰りメニューを選択し、店舗に取りに行く時間を予約しました。

そして代金の支払は予約時にクレジットカードなどで支払うことができます。

なので当日は、取りに行って受け取るだけで完了です。

ところで今回の代金は約3000円でしたが、4人で食べて十分な量で大満足でした。

お寿司のテイクアウトの半値ほどです。

そして回転寿司の持ち帰り、ウイズコロナの時代、十分に利用できると確信しました。

ところで今回の経験から回転寿司の持ち帰りで感じたことですが

メリット

・前もって注文するメニューを自宅でじっくりと選択することができる。

・店舗で食べるのと料金はほとんどかわらない。(消費税分2%が持ち帰りのほうが安くなります。)

・持ち帰りでも、ワサビ、醤油等をつけてくれる。

・取りに行く時間の予約ができるので、ほとんど待たされない。

・店舗で食べるのと、美味しさはかわらない。

デメリット

・わざわざ取りに行くのが面倒くさい。

・自転車やバイクで取りに行く場合は天気の悪い日は大変。

・持ち帰っている間に、お寿司の形が崩れることがある。

・インターネットで持ち帰りの予約をする場合、会員登録やアプリのダウンロードが求められることがある。

といったところでしょうか。

もちろん今回は、かっぱ寿司のケースですが、スシローやくら寿司などの大手の回転寿司でも持ち帰りはできるようです。

しかしそれぞれ、持ち帰りのための方法が異なることもありますので、利用したい回転寿司のウエブサイトから詳細を調べてから利用することをお勧めします。