iPhoneが低電力モードになるとかかる制限そして解除方法は

シェアする

iPhoneを使用していると、バッテリー残量が減っていき、バッテリー残量が20%にまで減ると、バッテリー残量の表示が赤色になります。

この時に低電力モードに切り替えるかどうかについての表示もなされます。

在宅中などに、そうなった場合は、直ちに充電すれば事足りるわけですが、外出中などでそうなると、やはりバッテリー切れになるのが怖いので、低電力モードに切り替えて少しでもバッテリーをもたせて、バッテリー切れになるのをなんとか回避しようとするのではないでしょうか。

花画像
しかし低電力モードにすると、どのような制限がかかるのでしょうか。

このてんでは以下のような制限かかるようです。

・CPUの速度が40%以下に低下

つまりは処理速度が半分以下になるということですから、操作しても動きが遅く感じイライラさせられることがあるかもしれません。

・メールの自動受信ができなくなる

重要な連絡などが入らなかったりと大きな支障が生じる怖れがあります。

・アプリの自動更新がOFFになる、またアプリの自動ダウンロードがOFFになる

このてんについては後で自動更新すればよいのであまり支障がないかもしれません。

・「Hey Siri」と呼びかけてもSiriが反応しなくなる

この機能を頻繁に利用しているならば、不便になりますが、そうでなければ支障はありません。

・ iCloudフォトライブラリが一時停止する

このてんも充電してしばらくすれば再開されますので、さほど支障はないかもしれません。

・自動ロックが30秒に制限される

通常は1分でロックされるようですが、それが30秒に短縮されます。

このよう低電力モードになると数々の制限がかかるようになり、処理速度の半減や自動でのメールの受信ができなくなるなど、場合によれば大きな支障が生じることがあります。

そこでなんとかバッテリーをもたせて充電できるようになった時に低電力モードを解除したいと思われることでしょう。

しかしどう操作すれば解除できるのか、わからずに、とにかく充電して落ち着いてからにしようと思うかもしれません。

しかしとにかく充電すればこの場合、何もしなくても解決します。

なぜでしょうか。

なぜならば充電してしばらくすればiPhoneの場合、自動的に低電力モードが解除されるようになっているのです。

なので充電さえすれば良いのです。

ちなみに手動で、低電力モードを解除する方法は、「設定」「バッテリー」の順に開いていって低電力モードの切り替えを行うことができます。