薄毛の進行を食い止めた!! その方法とは

シェアする

私の長年の友人に同年代の友人がいます。

私と同じ50歳台ですが、その友人は以前から頭の薄毛が進行していることに私も気づいていました。

そして自宅にいることが多くなった昨今その友人の薄毛がかなり進行しており、この調子でいくと60歳になるころには頭の上部分がハゲてしまう可能性が非常に高くなっています。

ところで、だれしもが年を重ねるにつれて、薄毛に悩まされるものです。

私も数年前までは薄毛の傾向があることを気にはしていました。

数年前まで?

そうです。

数年前までです。

数年前にあることを行うことによって薄毛の進行に歯止めがかかり、多少なり改善するようにもなったのです。

その行った事柄とは?

それは難しいことではありません。

意識的に努力すれば、だれしもが行える事柄です。

そのこととは入浴のさいにまず

頭をシャワーでの水洗いを3~4分ほどしっかりと行う

ことです。

その後に、シャンプーを使用して頭を洗うのですが、その前の3~4分ほどのシャワーでの頭の水洗いが薄毛対策に効果があるのです。

この方法は、以前にテレビで皇室の理髪担当の方が正しい頭の洗い方ということで、紹介された方法だったので、私もそれを試すと、薄毛が改善されたのです。

とくに私の場合は、ひどいフケ症で、妻もフケ症改善のためのシャンプーなどを買って置いてくれていたのですが、シャンプーだけでは効果がありませんでした。

しかし今回、入浴のさいにまずは、3~4分頭をシャワーでの水洗いをしっかりと行うことによって、驚くほどフケがでなくなったのです。

どうやら私の薄毛傾向の原因はフケにあったようですが、つまりはフケが育毛を妨げていたようで、そのフケ症が改善されることによって、薄毛に歯止めがかかり、また再び育毛も活発化するようになったようで、数年前よりは髪のボリュームが増したようです。(妻もそのことを認めています)

しかしそれでも70や80歳と年を重ねるにしたがって、老化による薄毛の進行までは防げるわけではないかもしれませんので、現状をできるだけ維持できればと願っています。

そしてこの方法での薄毛の改善がすべて人にも効果があるかどうかについてはわかりません。

少なくとも言えることは、フケ症が育毛を妨げることがあるということは明らかなようです。

ところで薄毛が進行中の友人ですが、とても大柄で、しかも食べる量も非常に多い人です。

しかもお肉も好きなようで、おそらくは腸内環境はあまりよくないのではないかと思います。

というのもお肉が、腸内の悪玉菌を活発化させるからです。

そしてこの腸内環境の悪化が薄毛の原因にもなりうるとも指摘されているのです。

実際、ネットの検索で「薄毛 腸内環境」と打ち込んで検索すると、たくさんの記事がヒットします。

いずれにしても腸内環境は薄毛だけでなく免疫力にも影響を及ぼす事柄なので、健康的な生活を送るためにも腸内環境に気を遣うのは、とても良いことだと思います。

そのためにも肉類を食べ過ぎないように気をつけること、腸内環境に良いとされている食物繊維を豊富に含んだ食品を意識的に摂取することができると思います。