コロナの影響で折込チラシが激減 新聞販売店がピンチ

シェアする

新型肺炎コロナウイルス蔓延によって緊急事態宣言が発令されましたが、そのようなさなか新聞販売店は通常業務をこなしています。

実際のところ、現時点では、新聞の購読件数そのものは、あまり下がっていないように思われます。

もちろん一部ですが、飲食店や会社などで、新型肺炎コロナウイルス蔓延のために、経営状態が悪化したためにスポーツ新聞などの新聞の購読の解約などが生じているようですが、個人宅の購読は、ほぼ横ばいではないかと思われます。

なぜ新聞の購読者はあまり減らないのか

それは新聞の読者層を考えると合点がいきます。

というのも主な購読者層とは

・年金生活者。年金生活者は年金収入がコロナショックで減るということはありません。

・安定収入のある正規社員や公務員。この層の読者は、ビジネスのために新聞購読をしている方も少なくありませんし、コロナショックでボーナスは大きく下がるかもしれませんが、しかし毎月の給与は安定しており、新聞代を支払えないほどになることはないようです。

それではこの時世でも新聞販売店経営は安泰なのか?

というと実はそうではないのです。

大問題が生じています。

その大問題とは?

それは新聞販売店の収入減のひとつ

折込チラシが激減している

という現象です。

わたしの自宅でも新聞の宅配をしていただいていますが、朝刊のなかに入っている折込チラシの枚数が

数枚の日々

が続いています。

この折込チラシについてウィキペディアには

主に新聞の販売益と新聞に折り込まれる折込チラシの手数料収入が経営を支えている。新聞販売店の原価率は極めて高く、粗利は低い。配達員の給与も時間的特殊性から高く、営業(訪問セールス)に支払われる対価も決して小さくはない。そのため人件費のウエイトが非常に大きい。特にチラシの多い都市部ほどチラシの収入から営業活動やいわゆる押し紙の経費を捻出している割合が高い。

新聞販売店

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/新聞販売店(アクセス日2020/4/26)

と書かれおり、新聞販売店の収益は新聞の販売益と折込チラシの2本柱になっているのです。

それで収益の柱の1つの折込チラシが不振となると、当然のこととして新聞販売店の経営は苦しくなっていきます。

その影響は、今後ジワジワと生じてくるでしょう。

ところで最近は折込チラシだけでなく、広告業全般の需要が減退しているようです。

有名なユーチューバーなどが、4月になって広告収入が半減していると嘆いていますが、コロナショックのために、広告の出稿を控える動きが生じているようです。

おそらくはコロナの収束後には、広告需要も元に戻るかと思われますが、それがいつになるのかわかりません。

今は新聞販売店も

・今一度、無駄な出費をしていないか検討してみたり

・コロナショックで失業した労働者の再雇用の受け皿になって人手不足の解消の機会にする

などして、折込チラシが元に戻った後のために備えておくことができるでしょう。