ZOOMでグループミーテング 意外と違和感がなかった

シェアする

最近は、コロナウィルス流行のために、屋内でのグループミーティングや集会等が行いにくくなりました。

そこで、皆が集まらなくても、グループミーティング等をオンラインで行う方法として

ZOOM

というアプリを活用する方法があります。

ところでオンラインでつながる方法としてはスカイプやテレビ電話、Lineという方法がありますが、私が定期的に参加していた集会等ではZOOMアプリを使って、これまでの集会を行うことになりました。

これまでZOOMというアプリがあることすら知らなかったのですが、今回はZOOMアプリを使っての集会に挑戦することに。

そして挑戦した結果は・・

こんなに便利なものあったのか

という感想です。

もちろん最初のうちは要領がわかりませんし、慣れるのに必死でしたが、何度か使用しているうちに慣れてくると、このアプリの利便性がよくわかるようになりました。

どんなてんですごさを感じたかというと

・スマホでもタブレットでもパソコンでも、インターネットにつなげる端末と環境があれば、いつでも、どこでも使用できる。

・グループとして参加している方、全員を画面で見ることができる。

・グループに参加している方、全員が自由に発言したりコメントしたりすることができる。

・40分まで、100人までのミーティングならば無料で活用できる。

といったてんがあります。

そしてこれならば、わざわざ集まるために生き帰りをする手間もかかりませんし、自宅で落ち着いた環境でミーティングに参加できるというメリットもあります。

またテレビ会議や会合等は繊細な話し合いができないとも、言われていますが、しかしZOOMならば、使用する端末やネット環境にもよりますが、ハイスペックな端末や良好なネット環境であるなら、まずまずの画質と音声を期待することもできます。

そしてコロナが落ち着いて、外出自粛をしなくてもよくなっても、このスタイルでもミーティングを続けてもいいんじゃないのと思うぐらいです。

ところでZOOMを使用することの懸念材料があるとすれば、それはセキュリティです。

このてんで2020/4/3の朝日新聞の「利用急増のZoom、「爆撃」相次ぐ 使用禁じる企業も」という記事が掲載されましたが、その記事でも指摘されてるように、ZOOMミーティングに不法侵入されるケースもあるようです。

ですから超内密事項を扱うミーティングには使用しないほうがよいでしょう。

そして今後はZOOMの製造元会社がセキュリティ面での脆弱さの改善を行っていくことを期待したいと思います。

それにしてもコロナな流行は、よいことではありませんが、しかしこの機会にZOOMでのミーティングを行うことができることに気づかせてもらえたのは、今後の人生の財産になったように感じています。