500円の月会費は高いアマゾンプライム会員 でも無料で利用できる方法が・・

シェアする

最近はネットでのショッピングの機会が増えてきました。

とにかくクリックだけで必要な物が数日以内で届くわけですからとても便利です。

お米や水といった重たい物はとにかく今はもっぱらネットで注文しています。

そしてよく利用するサイトは楽天さんはもちろんですが、アマゾンやヨドバシカメラそしてヤフーショッピングといったところです。

このてん価格が数百円程度の小物の場合は、数百円でも送料が無料になるヨドバシカメラをよく利用しています。

ところ数年前ぐらいからでしょうか。

アマゾンの使い勝手が少し悪くなったように思います。

というのも以前は数百円の品物でもプライム商品の場合は、送料が無料だったのが、 最近は送料が350円ほどかかるようになったのです。

どうも年間4900円(月会費の場合は500円)ほどのアマゾンプライム会員になれば、これまでどおり送料無料でいけるそうですが、そうでなければ2000円以上の買い物をしなければ送料がかかるようになったのです。

これまではちょっとした文房具などを送料無料だったのでアマゾンさんで買っていましたが 、これからは2000円以上の買い物をしなければ送料がかかるので、まとめ買いをするか、ネットショッピングをあきらめて買い物にでかけるかにしなければならないように思います。

花画像

商品の多さではアマゾンは有用。

勿論、これまで数百円でも送料無料だったこと自体が、とてもありがたいことだったのかもしれません。

しかし実のところ最近、気づいたのですが、アマゾンには送料が無料になるプライム会員に無料で1カ月ほど試しで入ることができるという制度があるのです。

そして1カ月もすれば、プライム会員を簡単に解約することができます。

するとプライム会員になったがための費用は一切かかりません。

しかもなぜなのかわかりませんがしばらくすると、再びプライム会員に無料で1カ月程度入ることができる機会が開かれます。

そこで再びプライム会員になり、1カ月で解約する。

このことを何度か繰り返すことができるのです。

ですから私の場合は、これまでプライム会員になったがための費用負担はほとんどありません。

一時期はプライム会員であり続けたいがために、年会費ありのアマゾンゴールドカード会員になることも検討しましたが、どうやら今のところそうする必要はなさそうです。

さすが世界一企業、アマゾン。

これからのお試しのプライム会員を繰り返し、アマゾンの特典を活用していきたいと思います。

追記:新型コロナウイルスまん延の後、アマゾン利用者が急増したためか、それ以降は上記のような形でプライム会員になることができなくなりました。

アマゾンもプライム会員を増やすために企業努力をさほどしなくても、プライム会員になる人が増えているためかもしれません。

当分は以前のような方法でプライム会員になることは難しそうです。

ところで今でも数百円の買い物でも送料無料になるショッピングサイトがあります。

そのショッピングサイトとは

ヨドバシカメラ

のショッピングサイトです。

ヨドバシカメラというと、家電販売というイメージがあると思いますが、最近では家電以外にも、例えば文房具や食品、電子機器など、アマゾンに負けないぐらいの豊富な品物を扱っています。

しかもポイントも、品物にもよりますが、だいたい10%はつきます。

なのでアマゾンのプライム会員でないがために、送料がかかるような場合は、ヨドバシカメラで同じよう品物をみつけて購入するという方法もあります。