入居率を改善するために行える方策

シェアする

最近は空室になるとなかなか埋まらない傾向にあるようです。

私の物件は一括借上げ契約をしているので空室が生じても賃料は契約メーカーから払ってもらえるので助かっていますが、それでも空室状態が続くとやがては、借上げ賃料も下げられますし、あまりおもしろいことではありません。

そして一括借上げでない方式でマンション事業を行っているならば、空室がなかなか埋まらないことは、ダイレクトに事業収支に反映されていくことでしょう。

ではどのように空室対策を行うことができるのでしょうか。多くの不動産屋やマンションオーナーが行っている3点を取り上げたいと思います。

その1つは部屋の魅力アップです。

例えば、ペット可にするやバリアフリーを充実させるといったてんがあります。

またリォームで設備を替える方法もあります。(ペット可にすると、それを嫌がる入居者がいる場合があります)

トイレを様式にし、温水洗浄ができるようにするということや、都会ならばオートロックマンションにするという方法もあるかもしれません。

家族を対象にしたマンションでしたらインターネットを充実させることも良い方法です。

2つ目の方法は募集条件の緩和です。

具体的には家賃を下げる、敷金や礼金をゼロにする。

フリーレントをつける、つまり最初の1か月は家賃を無料にする、あるいは数か月は家賃を割引くといった方法です。

最近は敷金や礼金を0円にするといったこともあたりまえのように行われるようになってきましたし、フリーレントもそうです。

入居斡旋力で定評のある大東建託も最近はこれらの方法を積極的に活用して空室率を低く抑えるようにしています。

アパート画像

大東建託グループの賃貸アパート。一括借り上げの代表格。

ところで次に3つ目のてんですが空室が少々あっても高利回りの物件を経営するです。

このてんが一番わかりにくいてんかもしれませんが、賃貸物件の利回りは年間収入÷購入価格×100で計算することができます。
空室が多少生じることを想定したうえで高利回り物件を手にする、だいたい利回りとしては最低でも15%以上でしょうか。利回りが高ければ高いほど、購入価格の元を取りやすくなります。
そのためには購入価格を抑えなければならないので、築古な物件をうまく経営していくことが求められるかもしれませんが・・

空室リスクをヘッジする一般的な方法を取り上げましたが結論としては打つ手はあるということです。