老朽化による故障は対象外と書かれてはいても通常は保証対象に?

シェアする

最近、大家ための住宅設備延長サービスが始まり私も加入しましたが、保証条件をじっくりと読んでみると保証対象外のところに思わむ文言があります。 その文言とは

「老朽化による故障は保証の対象となりません。」

という文言です。

実のところマンション大家の私は、大東建託パートナーズが提供する住宅設備機器延長修理保証ワランティサービスに加入しました。サービス文句は

「定額で安心 修理回数制限なし 条件なし」

となっています。

ですからてっきり加入した時は、老朽化による故障も保証の対象になると思いました。

しかし考えてみると住宅設備、例えばエアコンにしても給湯器にしても故障するって、ほとんどが老朽化によるものではないでしょうか。

まれに新品でも故障することがありますが、ほとんどが何年も使用してから、ある程度の劣化によって故障するものだと思います。

もし広義に老朽化をあてはめるならば、ほとんどの故障は保証の対象外になってしまいます。

じゃあなんのために毎月、高額なサービス料金を支払っているのか。

考えただけで大東建託パートナーズに騙されたという思いがつのってきました。

花画像

保証サービスの場合、老朽化によるものは対象外となる場合がある。

ところでもう1度、保証条件についての文言をしっかりと読みなおしてみたら次のようにも書かれていました。 「対象設備機器の自然の消耗、摩滅、さび、かび、むれ、腐敗、変質、変色その他類似の事由」 は保証対象外とあるのです。

つまり老朽化とはそのような事柄なのか、かなり古くなってボロボロ状態での故障については、保証できないという趣旨なのかと考えてしました。

じゃあ何年目でそうなるのかなどの明確な基準がもうひとつわかりません。

老朽化による故障なのか、そうでないのかの基準がこの文言を読んだだけでは、はっきりしないのです。

結局は、大東建託パートナーズの担当者と会った時に説明してもらうことにすることにしました。

老朽化の基準について、担当者に説明してもらい、その後、継続するか、解約するかを検討したいと思います。

通常メーカーは修理交換部品を製造が終了してから8年ほど保管しているようですが、私のマンションもまもなく9年目を迎えるので、そろそろ交換部品もなくなるころです。

そうなると故障したさいは本体そのもの交換になるわけですが、そのケースでも保証の対象になるのかどうか知りたいと思います。

追記:多くの場合、老朽化かどうかの判断は難しいようで、大東建託パートナーズの担当者は、だいたいのケースで老朽化による故障でないとしてくれるようです。

またこの大東ワランティサービスですが、大東建託パートナーズが三井住友海上と提携しておこなっていますので、おそらくは修繕が多発しても、大東建託パートナーズが修繕費用を負担するのではなく、三井住友海上が費用負担しているものと思います。

つまりは大東建託パートナーズ側が、行われた修繕について故障によるものか、老朽化によるものかを判断し、故障と判断すれば、かかった代金を三井住友海上に請求することになります。

なので物件オーナーにしてみれば、なるべく故障修理として扱ってほしいわけですから、どうしても故障か老朽化の判断に迷う時は、故障という判断になりがちになるのではないかと思います。

実際のところ大東建託パートナーズでなくても設備関係の修繕はどの建物でも管理会社が行いますが、オーナーが補償のある保険に加入している場合は、オーナー負担を軽減させるために、補償の対象となるような修理だったと保険会社に通知するようです。