私の物件ではeo光の契約者がいなくなってしまった

シェアする

最近はインターネットは生活していくうえでなくてはならないものになりました。

大家の私も家ではドコモ光と契約し、インターネットに繋いでいます。

ところで大家の私のマンションでは、マンションタイプのフレッツ光とeo光に繋ぐことができます。

関西圏の方はよく知っておられると思いますが、光ファイバーでネットをするのに、関西圏ではフレッツとeo光が代表格のようなものになっています。

ウィキペディアによるとeoの運営会社のオプーテージについては

株式会社オプテージ(OPTAGE Inc.)は、大阪府大阪市中央区に本社を置く関西電力系列の大手電気通信事業者(電力系通信事業者)・小売電力会社である。2000年6月から2019年3月までの社名は株式会社ケイ・オプティコム。
サービスブランド名は、個人住宅向け eo(イオ)、中小企業・SOHO向け オフィスeo(オフィスイオ)、仮想移動体通信事業者 mineo(マイネオ)、法人向け ビジネス光である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/オプテージ#eo光(アクセス日2019/12/2)

と書かれていて、いってみれば関西電力による光サービスといった感じのようなものです。

ところで最近の傾向としては、単身者の場合は、多くの場合、部屋あるいは家に光ファイバーを繋ぐことが少なくなっているようです。

大家の私のマンションも以前は夫婦で暮らしていた世帯でeo光を契約しておられた方もおられましたが、今はすべて単身者で、eo光契約者はなしです。

花画像

スマートフォンなどのモバイル機器でのネット使用が増えている。

なぜ今の単身者は光ファイバー契約をしないのか考えてみますと、今はスマートフォンでインターネットに繋ぐことができ、必要な事柄はすべてスマートフォンで行う事ができるからではないかと思います。

しかもスマートフォンを持つとそれ自体、高額な月額料を支払わなければなりませんし、単身者の場合は自宅にいる時間も長くはないので、自宅に光ファイバーを繋いでもあまり利用することもないので、経済的でないとうのが考えられる理由です。

事実このブログにアクセスしてくださっている方も大半はモバイル経由で、パソコンから光ファイバーのプロバイダー経由でアクセスしてくださっている方は少数となっています。

勿論、なんらかの作業や仕事を行うためにインターネットに繋ぐ場合はパソコンを使用したほうが便利ですし作業効率も良いと思います。

現に私もブログを書く時はいつもパソコンを使用していて、モバイル機器で書いたことはありません。

しかし時代の流れはネットはモバイルが主流になりつつあるのかもしれません。

そうなれば特に単身者向けのアパートマンションは光ファイバーの設備を設置するのもビジネスとしては成立ちにくくなっていくのかもしれません。

追記:もちろんのことですが、今は生活していくうえでネットは不可欠なものになってきています。

具体的にはテレビ→ネットの動画への移行が進行しているように思います。

私もテレビとユーチューブの両方を視聴していますが、だんだんとユーチューブのほうに費やす時間が多くなっているような・・。

もちろん現時点では画質や安定性ではテレビのほうが優れています。

さらにコロナによってテレワークの普及や、外出自粛により自宅にいることが多くなりました。

やはり自宅にいるとなるとインターネットを料金を気にせずに自由に使用できる環境というものが必要になってきます。

単身者のなかには、自宅は寝るだけの場所といった感じの方もおられたかもしれませんが、コロナによって、やむなく自宅にいる時間が長くなったという方もおられると思います。

テレビを見ても面白くないとなると、インターネットを使用したもので時を過ごしたいと思われたことでしょう。