たばこ増税によって財政再建?

シェアする

最近の新聞記事に小さく、たばこ増税見送りの記事が載っていました。

現在のたばこの値段は300円~600円程度なのでしょうか。

たばこを吸わないのでよく知りませんが。

ところで日本の社会は、たばこについては、まだまだ甘い社会です。

公共の場所で吸う人はほとんどいなくなりましたが、それでも甘いと思います。

ヨーロッパではたばこは1箱1000円程度だという新聞記事を読んだことがありますが、日本もそれぐらの値段にしてたばこによる税収増を行ってもいいのではと思います。

花画像

日本はまだまだ、たばこには寛容な社会?

すると、たばこ税を上げても、たばこを辞めたり吸う本数を減らす人がいるので結果的には税収が増えないという意見もあるようです。

しかし私はそうではないと思います。

もしたばこ税の増税で、たばこの消費が落ち込みたばこによる税収が増えなくても、以前はたばこ使っていたお金を別の分野に消費することになるかもしれません。

すると消費税が発生し、税収増になるのではないかと思いますし・・

さらにたばこを辞めたり、本数を減らすと結果的に健康が促進されることになると思います。

たばこを辞めた本人もそうですが、喫煙者の家族、職場の同僚の非喫煙者の健康も促進することになるかもしれません。

すると医療費が抑えられ、国民の医療費負担が軽減されるかもしれません。

実際のところ、たぼこによる健康への害は明らかになっており、肺がんや胃がんなども、たばこによって罹患率が上昇することは指摘されています。

そして年々、医療費は増大していますが、間接的ながらも、たばこの抑制によって、医療費の抑制につながることは確実性の高い事柄であると思われます。

さらにフランスのノートルダム寺院の火災が、改修工事業者作業員のたばこの火によるものかもしれないとも報道されていますが、他にも家屋の火災や山火事の多くもたばこの火の不始末が原因で生じていることがあります。

このようにたばこの火の不始末による経済的な損失も計り知れないものです。

ところでたばこ増税を見送る背景には、たばこ愛好家とたばこ会社への配慮があるのだと思いますが、日本の社会の中長期的な展望を考えるならば、たばこ増税は遠慮なく行うべきだと思いますし、近い将来たばこ1箱1000円にすべきだと思います。

追記:たばこ増税については賛否両論があり、喫煙者やJTは当然のこととして反対しています。

また、たばこ増税をしたところで効果はないとの意見もあります。

その一方でウィキペデイアによると

たばこ税の税率を上げた場合に、たばこの売り上げや税収がどのように変化するかには、以下のように議論がある。
日本国外におけるたばこの価格に対して、日本国内の価格は比較的低い状態にあり、日本学術会議の発表した「脱タバコ社会の実現に向けて」では「たばこ税を大幅に引き上げて、税収を確保したまま、タバコ消費量の減少を図ること」が提言されている[14]。
後藤公彦は、その著書である環境経済学概論においてタバコ1箱の適正価格は600円程度であると試算している[15]。
関西学院大学教授の河野正直は、日本禁煙学会でのレポートにおいて、2008年度のタバコ1箱の適正価格を発表した。前述の後藤公彦の考案した計算式を利用し1,000円を試算し、最終的に喫煙による社会損失を踏まえた観点から独自の再計算を行い1,400円との試算を発表している[16]。
海外では、増税によるたばこ価格の大幅値上でたばこの総販売量は減ったものの、税収は逆に増えたと言う例があり、先進国では概ね同じような状況と言う[17]。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/たばこ税(アクセス日2019/11/2)

と書かれており、概ねたばこ増税が財政再建に資するという意見が優勢のようです。

いずれにしても、たばこが健康寿命を縮めるのは確かであり、医療費負担を大きくしているのは間違いのない事実です。