テナント部屋の空室がなかなか埋まらない😿

シェアする

以前の記事

テナント賃貸 事業者が決まらない大家の悩み😟

で書いたこともありますが、私のマンションの1階はテナントとなっています。

そして空室状態が1年8カ月も続いています。

空室になる以前使用していた会社はインターネットでブランド服を売る会社でしたが、安倍政権以来の円安で海外から輸入するブランド服が高くなって、経営が苦しくなってきたのか、家賃の安い物件に引っ越してしまいました。

思い返してみると、テナント部屋から退去する、数カ月前にテナント賃料を下げてほしいとの交渉をもちかけていたようですが、当時の管理会社の担当者が頑として値下げには応じなかったようです。

今から思うと、この時にしっかりと協議してある程度の値下げに応じていれば、退去することもなく、その後、長期間、空室のままになることもなかったのではないかと考えてしまうこともあるのですが・・。

マンション画像

1階がテナントの賃貸マンション。

しかしこの1年8カ月の間、空室になっているとはいえ、時々物件を見に来られる業者様もおられます。

特に多いのは時代を反映してか、介護、保育園、整骨院関係が見にこられているようです。

先日も介護施設を経営しているやや年配の夫婦が見にこられていました。

通常は大東建託パートナーズに直接連絡して見に来ることが多いのですが、この経営者夫婦は大家のところに連絡をとってきました。

実はこの介護事業所は、うちのすぐ近くにあり、近くのテナントを探しているとのことです。

移転か事業拡大のためかどちらかは、わかりませんが今回は入居してくださる可能性が高い?

1年8カ月も空いたままなので、そろそろ入居者が決まってほしいものです。

それとともに今の時代、輸入に頼ることもある外国との取引のある会社は、経営が急激に厳しくなることもあるんだなあと思いました。

その一方で、政府の公的支援を得ることのできる介護関係、保育所等の経営は元気なんだなあとも思いました。

追伸:その後、上記の介護事業者が賃貸契約をしていただいたのですが、事情で1年もしないうちに退去してしまいました。

しかしそのあと、小規模認定保育園を運営する学校法人が、インターネットの検索で、テナント部屋の募集をみつけて入居してくださることになりました。

決まらないときは決まらないものですが、決まるときは嘘のように決まるものです。

追記:テナント部屋、事業用とか店舗用とも言いますが、最大の泣き所は、やはり入居してくれる事業者がなかなか見つからないというてんです。

サブリースなどで経営しているならば、空室でも賃料は入ってきますが、最近はサブリース会社も居住用の部屋は空室でも賃料を支払ってくれても、テナント部屋は適用外にするケースもあるようです。

最近のことですが、私の自宅近くで、毎月の家賃が200万円近いテナントが空になって、数年が経過していました。

200万円です。

よほどの事業者でなければ入居などできない規模です。

それでも都心部ならば、多少は可能性があっても、ここは都心部からは外れたところなので、もう永久に入居事業者が決まらないのではと思っていました。

すると驚いたことに、最近になって入居者が決まりました。

世の中には、そんな事業者が存在するんだと感心しました。

ちなみにテナント賃貸には居住用にないメリットがあります。

その1つが賃料が居住用のように経年劣化の影響を受けにくいというてんがあるようです。

基本的にテナントの賃料は、周辺のテナント賃料の相場で決まるのです。

ですから居住用の賃料は下がってきても、テナント賃料の下げは軽微な場合があります。